時候雑記-6

① 稲の花が咲いた。鳥屋野小学校の学校田だ。
7月31日に出穂を確認!、8月1,2日と花が一斉に咲き始めた。
昨年とほぼ同じ時期。2日は午前9時頃に撮影準備し、しばらく待機。
だがジリジリと照りつける太陽熱でカメラはアッチチ。
坊主頭も同じく。堪えられず、撤収!。水風呂入り、ビールを煽って
ホロ酔い気分で、再度チラ見にいくと「咲いている!」。
正式には「咲いていた」だな。もう萼は閉じていました(午後1時頃)。
 人間、我慢が足りないとチャンスには出会えません。

② 鳥屋野潟葦原からオオヨシキリのやかましい声が消えた。
7月26日そう感じた。8月1日も聞こえない。縄張り内での子育てが一段落、
ヒナも巣立ちし、大きく生長したのだろう。
 8月2日は早朝、鳥屋野潟の朝焼けの撮影中、ムクドリの大群
上空を通過していった。
 人間界では夏本番だが、自然界では秋が近づいているのだな。

③ 8月2日の鳥屋野潟朝焼けの撮影中、湖畔上空45度位の角度で
強烈に輝く光が突然現れた。位置は変わらず、10秒ほど輝き、
光が弱まったなと感じると、消えてしまった。アレ、何だ?もしかして・・

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

セミの羽化

ハグロトンボ

関連記事

  1. facebookページと連携

    ① 当ブログをfacebookと連携させてみた。ここで記事を投稿すると自動的…

  2. モバイル対応

    ① 当ブログをスマホで覧てみたら「あらら、写真がない!」。それで、管理画面…

  3. 時候雑記・カメラとか

    ①挿入写真は雨で濡れた撮影機材を新聞紙の上に拡げ、乾かしている図。タオルで柔…

  4. 優しい気持ち

    夜中に目が覚めると、もう寝られなくなる。枕元に置いた緊急用携…

  5. 時候雑記-3

    ① 3月下旬、ツバメを目撃してから1カ月以上経過するが何故か電線で羽根を休…

  6. 時候雑記-5

    ① 6月28日風雨の中、ツバメの集団捕食行動を観察した。鳥屋野潟公園のほんの…

  7. 時候雑記-4

    ① やはりツバメの姿が極端に少ない。日本に渡ってくるルートの途中で何か大きな…

  8. 路地の壁

    Kodak T-MAX400 Ai-Nikkor 35f2s NikonF3…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。