フキノトウ・旨い!

フキノトウを天ぷらにして食べたら、旨かった。

こんなに旨いものとは知らなかった。

昨年まで写真に撮るだけで、摘まんで食べるなんて考えもしていなかった(いや、考えることはあったな)。

フキノトウの天ぷらはスーパーでパック物を買って食べた程度。

写真を撮っている片隅で親子や仲間同士がワイワイ楽しく摘まんでいる姿を見ていたら「そんなに旨いんかなぁ~」と興味が沸いてきたんだね。

タラノメ、コシアブラはガンガン食べてるくせに(いや、金がある時に限る)フキノトウは積極的に口に入れる食べ物ではなかった。

タイミングよく母が「おら、フキノトウ、食べてぇ~」と言ってきたので、「じゃあ撮ったら採る」と。

撮影しながら服のあらゆるポケットに摘まんだフキノトウを押し込んでいく。

ポケットがパンパンに膨らんできたんでそれで止めたんだが、手についた匂い、ありゃぁ~独特で、春だなぁ~と実感したのでありました。

母は蕗味噌、俺は天ぷらにした。

娘が卵アレルギーなんで小麦粉は水だけで溶かした。ただし、水は山から汲んできた山清水。あっ、フキノトウの下ごしらえも山の水でやったんだ。

油は女房のこだわるゴマ油。

女房に「作ってくれ」と言ったら、「自分で採ってきた蕗は自分で料理すると旨いんだよ」と。なんだか催眠術みたいんだけど、そうしてみた。

パソコンで造り方を見て覚えて実践したらアララ、とんでもなく旨い!サクサク、アツアツ。ビールがガンガンすすむ。

*写真の蕗も撮ったら採った食った

RVP100 Ai-Micro Nikkor 105f/2.8s NikonF3  胎内市 3月15日撮影

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

海老反り・白花カタクリ

桃色目玉

関連記事

  1. 翡翠

     以前掲載した翡翠の別バージョン。このまま押し入れの中で腐り果てて行く前に…

  2. サンカヨウ・新潟県阿賀町

    光と戯れるサンカヨウの花

    紛れもないサンカヨウ(山荷葉)です。この花と出会うと「山の中…

  3. ヒオドシチョウ・何でだろ~

    阿賀町・たきがしら湿原 午前11時頃、撮影を終えて駐車場に戻るとこのありさま…

  4. 八丁目のトンボ

    一丁目、二丁目、三丁目・・どこかの街の八丁目に生息していたから“ハッ…

  5. 特別天然記念物カモシカ

    小高い山の斜面でカタクリの根を掘っては一心に食べていた。とい…

  6. スコップの背中

    ACROS100Ⅱ Ai-Nikkor 35f/2s NikonF3雪面…

  7. 誕生だね オオヤマトンボ

    彼は私という人間に見つかって、さぞ胡散臭かっただろう。「これ…

  8. 花と影・エンレイソウ

    RVP100 Ai-Micro Nikkor 105f/4 NikonF3 …

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。