フキノトウ・旨い!

フキノトウを天ぷらにして食べたら、旨かった。

こんなに旨いものとは知らなかった。

昨年まで写真に撮るだけで、摘まんで食べるなんて考えもしていなかった(いや、考えることはあったな)。

フキノトウの天ぷらはスーパーでパック物を買って食べた程度。

写真を撮っている片隅で親子や仲間同士がワイワイ楽しく摘まんでいる姿を見ていたら「そんなに旨いんかなぁ~」と興味が沸いてきたんだね。

タラノメ、コシアブラはガンガン食べてるくせに(いや、金がある時に限る)フキノトウは積極的に口に入れる食べ物ではなかった。

タイミングよく母が「おら、フキノトウ、食べてぇ~」と言ってきたので、「じゃあ撮ったら採る」と。

撮影しながら服のあらゆるポケットに摘まんだフキノトウを押し込んでいく。

ポケットがパンパンに膨らんできたんでそれで止めたんだが、手についた匂い、ありゃぁ~独特で、春だなぁ~と実感したのでありました。

母は蕗味噌、俺は天ぷらにした。

娘が卵アレルギーなんで小麦粉は水だけで溶かした。ただし、水は山から汲んできた山清水。あっ、フキノトウの下ごしらえも山の水でやったんだ。

油は女房のこだわるゴマ油。

女房に「作ってくれ」と言ったら、「自分で採ってきた蕗は自分で料理すると旨いんだよ」と。なんだか催眠術みたいんだけど、そうしてみた。

パソコンで造り方を見て覚えて実践したらアララ、とんでもなく旨い!サクサク、アツアツ。ビールがガンガンすすむ。

*写真の蕗も撮ったら採った食った

RVP100 Ai-Micro Nikkor 105f/2.8s NikonF3  胎内市 3月15日撮影

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

海老反り・白花カタクリ

桃色目玉

関連記事

  1. カジカガエル

    夕暮れ迫る五頭山麓の清流沿い、カジカガエルの鳴き声が響き渡っていまし…

  2. アズマイチゲ

     3月29日、福島潟での撮影の後、鷹巣キャンプ場へ。約1年ぶりの訪問です。年…

  3. 変なのは映っていない/キイトトンボ

    「もう少し右から狙えばピントの合う範囲が広がって、見た目がクッキリす…

  4. 静心なく 花の散るらむ

    かれこれ数十年も見続けている藪椿か。いや、「見続けている」と言うと大…

  5. 交尾中のヒメシジミ

    阿賀町・たきがしら湿原写真仲間がチラッと言っていたが、写真を撮っていると偶…

  6. 世界地図・キタテハ翅裏夏物語り

    クヌギの樹液をチュウチュウしていたはずのコムラサキが目を離した隙に忽…

  7. “隠れ帯”・子供バージョン

    コガネグモの子供が作る“隠れ帯”(白帯)と記憶している。大人になるとX JA…

  8. 白くないモンシロチョウ

    何じゃこりゃ?モンシロチョウにしては白くない。モンキチョウにしては黄色くな…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。