セミの羽化

2015年7月26日(日)撮影
  アレレ、なんか変?どうしちゃったの?
午前5時過ぎ。すでに朝陽が差し込んできています。
 普通なら、羽化を完了し、飛び立っているはずの時刻です。
なんで、なんかトラブルでもあったの?
人とは違った生きる術を身につけ、危険感受性を発達させているのに。
地表に這い出る前に縦穴を掘って外の様子を窺っているはずなのに。
なのに何故?疑問が沸いてくる。
藪の中で、進む都度に小枝が体に触れ、それを回避しているうちに
時間を消費してしまったか。
もしくは登り付く樹木を探したはいいが適当な物が見つからない。
仕方なく、近くの小枝やツルを登る羽目になったか。
小枝やツルは縦横無尽だ。より高みへと体を持ち上げているうちに
朝を迎えてしまったのだろうか。
 目撃したときは殻を丸い体で抱きかかえているような状態だった。
その後、前足で殻をつかむと10分足らずで覧のように翅が伸びてきた。
おしりの部分はなかなかまっすぐになりませんが、ぷるぷる動いてます。
 おっと、写真を撮らなければ!なんとか構図を決めたいがうなくいかない。
「うまくいかないのはこっちだよ」そんな声が聞こえてきそう。
必死で頑張っているようです。スクッと体も伸びて、色つやも濃くなっています。
体力付いたら、思いっきり飛び立てよ!
 RVP100 105㍉ NikonF5   鳥屋野潟公園にて
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ツバメシジミ

時候雑記-6

関連記事

  1. パッチワーク

    「まるで、パッチワークだ」「やっと見つけた・・」落ち葉の広場…

  2. 公園内の掃除用具

    kodak t-max100 cosina voigtlander ultr…

  3. 何だか嬉しいニイニイゼミ

    新潟市・鳥屋野潟公園子供の頃、セミと言えばアブラゼミで時たま…

  4. 紅差す鳥屋野潟

     金星が東の空低く輝いている中、闇夜が静かに割れていく。星を撮影しようと上沼…

  5. 澄んだ大気

     上沼橋、午前4時。不純物さえ感じない大気。風が無いせいか寒くはない。葦原で…

  6. ヒメジャノメ

    主役のヒメジャノメ(姫蛇目)には悪いが、背景のボケ具合に妙にムラムラきた。…

  7. 蛸足絞り・鳥屋野潟

    RICOH・GRⅡ本日29日の鳥屋野潟。時刻は5時28分になります。…

  8. 銀杏と銀杏

    ややこしや~「イチョウとギンナン」とキーボードを叩いたら『銀杏と銀杏』と表…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。