錨に想う

例年だとこの時期にここに来てこんなシーンを撮るなんてあり得ない。

陽気に誘われた。

それだけこの冬は異常暖冬ということなのだろう。

雪は「俺を忘れないでくれ~」と言う程度に降っただけだし、冬風も長くは続かない。寒波がやって来ても、居座ることなく、あたたかな陽射しが降り注いでくる。

良いのか悪いのか・・やっぱりおかしいんだ。

先日、角田山を眺めていた知り合いが「水不足でてきたりして・・」とポツリ。山の地膚が丸見えなんだもんな。

我々素人でさえ容易に察しがついてしまう。

野原を歩いてみればヒメオドリコソウが既にピンクのベロを出していたし、オオイヌノフグリも薄青紫の花園をチラチラ見せ始めていた。

頭上の木々を巡回中のシジュウカラなんて明らかに陽気に囀っているもんね。

冬鳥の北帰行はとっくに始まっている。

ホントにこのまま冬が終わりそうな気配だ。

今日、明日の冬型の天気しだいですね。

信濃川河口域に停泊中のソレ。

岸辺から105ミリの望遠レンズで撮ってます。

撮りながら考えてました。

という漢字、“つくり”の由来は何処だって。錨は海とか川と関係しているのに、金を書いて、くさかんむり、田んぼ・・おかしくないかって。

こりゃあ大地で使用されるべき漢字だ。

じゃあという漢字は。

金を書いたら春でもいいじゃないかって。

鍬で畑を耕す春よりは実りの秋の収穫期が重要なのだろうか?

RVP100 Ai-Micro Nikkor 105f/4 NikonF3  2月上旬撮影

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

CRACK

四角い朱鷺

関連記事

  1. 僕とタワーと女の子

    『山の下みなとタワー』。信濃川直下を横断するトンネルの排気塔。…

  2. 福寿草

     朝のうち、視界が遮られるほどボサボサ雪が降ったが昼前には急速に回復し、青…

  3. 三角タワーとクラゲ雲

    『入船みなとタワー』を袴付近から仰いだ図(5月23日撮影)。…

  4. パレット墓場

    かなり強烈にビビッときて、「撮らなくっちゃ」となった。それなのに1枚…

  5. 坊主頭

    県立植物園の温室ドーム。此処は曲線と直線の織りなす建物が隣接…

  6. 合格祈願

    新潟県下の公立高校では昨日から入学試験が始まった。試験は今日まで。…

  7. 年間で80万㎥・・永久に続く浚渫作業

    新潟西港の港湾機能維持の為に信濃川上流域から運ばれてきた堆積土砂の浚…

  8. 四角い朱鷺

    新潟市古町、裏通りじゃないけど、居酒屋とかブヒ・・ブチュ・・あぁ・・…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。