タカアザミ・朝霜

RVP100 Ai-Micro Nikkor 105f/4 NikonF3  福島潟

朝霜に覆われたタカアザミですね。

この写真、昨年12月初旬に撮影してまして、銀塩写真・愛してます的なグループに加入している僕は現像が出来上がるとすぐにそこへ投稿したのでした。

でも、自身のブログには投稿し忘れた。

タカアザミはもともと頭を垂れて咲くのですが、12月になっても花の色が残っているので気になってました。

そこへ気温が下がってこんな感じになったのです。

当然、いまだもんね!とやって来た。

タカアザミの周りは凜とした冷たい空気が沈んでいます。

しゃがんでいると判るのですね。

山際近く雲の隙間から朝陽が射してくるとだんだん僕の背中が温まっていく。

ファインダーを覗いていると、タカアザミの霜の花がジワジワ。

溶け始める準備ですね。

そんな瞬間にパシャリパシャリと撮り重ねていくのでした。

・・・・・・・・

本来の冬ならば、今の時期でもこの状態のまま茶枯れた姿で寒風に晒されているのが目立ちますが、今冬は暖冬のせいなんでしょう、この子の咲いた大地は剥げ荒野。

朽ちて倒れてさらに腐り、もはや周りの土壌と区別がつかない有様になってしまいました(背丈が低い個体でした)。

冷たい風

冷たいと感じる風があんまりない。

縮こまるような風が吹いても、身震いしない。

冷え込みが強くないのかな・・なんて思っていたら、今日の天気予報で「冷たい風を感じるようになります」と、あたかも僕の心を見透かしたような言葉が流れた。

そうなん?

冬くるん?

いつもなら、「もう春が来て頂戴!」と願うのですが、今季は1月の末になった今でも冬を待ち焦がれている自分がいる。面白いものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

葉痕・オニグルミ

CRACK

関連記事

  1. 枯れ葉?

    『オーレリアンの庭 今森光彦 四季を楽しむ里山の暮らし』というNHKのドキュ…

  2. 蒼い福島潟

     山際が白んで黒の世界が蒼のそれへと変化する時刻。午前4時。静寂な闇夜が明け…

  3. 秋色 枯草色

    20日の福島潟。土手を覆う草むらの中を覗いてみると、トンボや…

  4. 冬木立

    陽が昇って、凍てついて張りつめた大気がちょっと緩んだ感じ。地表近くで…

  5. 染まる田んぼ

    撮影の実際3年前の5月上旬に撮影しています。福島潟“竜巻ハウス”駐車場脇の…

  6. 冬支度

    日曜日,5時福島潟着。月が西の空、低い位置にある。放射冷却現…

  7. 空間と平面

    蓮畑の幾何学模様。風雪で折れ曲がり、朽ちた蓮の茎が思わぬ線画となって…

  8. 露に一葉/紋白蝶

    逆光の位置からエノコログサの朝露を狙っていて、出会った紋白蝶。…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。