半夏生(はんげしょう)

2015年7月5日(日)撮影。

”半夏生”・・美しい名前です。

暦の半分を過ぎた頃、葉の半分が白粉を塗ったように化粧します。

季節にピッタリと当てはまる呼び名であり、その”響き”も綺麗。

ドクダミ、ヘクソカズラといった名前の草花がちょっと可哀想。

いつもの事ながら、文字にすると余計、そう思ってしまいます。

葉の下にあるのはちっちゃな花芽。大きく生長しトラノオのような花の形になって、終いには茶色く枯れていきます。

掲載写真は微かな陽があたり始めた葉を逆光気味に撮影したもの。

静かな日曜日の朝、まだ冷気が漂う岸辺にて、覗き込むようにパシャリ。

RVP100 105㍉ NikonF5  鳥屋野公園観察池

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

金髪おとこ

みずひき

関連記事

  1. 泣き出しそうな鳥屋野潟

    耐えられないくらい、たっぷり水分を含んだ大気に包まれている。雨がポツリと落…

  2. 根開け

    家によくやって来る野良猫がゴロゴロニャ~と鳴くようになった。今年も子作りの…

  3. 露草色

    2015年8月中旬撮影 見れば見るほど、吸い込まれるほど清楚で瑞々しい青なの…

  4. 鳥屋野潟また来年

    台風19号による被害、どんどん拡大してる。甚大な被害だ。過去のデータ…

  5. 私という暗黒物質

    Kodak T-MAX400 Ai-Micro Nikkor 55f/2.8…

  6. 人知れず野ブドウの実

    鳥屋野公園では岸辺の茂みの中に多く見かけますが、興味の無い方はまず気づか…

  7. 清めてくれた鳥屋野潟

    三脚を体に対し水平(十字クロス)に横持ちし、葦原の中を進んでいく。…

  8. ネコヤナギ・かぎ爪に見えるの巻

     ネコヤナギが雌雄異株だなんて初めて知ったみたい。今日までオイラにとってはど…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。