路地裏のラッパ猫

この記事は1分で読めます

昨年使用したフィルムは全部で70本。

年末に2本撮っていたフィルムを年明け早々にカメラ屋に預けておいたが、今日8日に出来上がった。あわせて70本。

2018年秋からリコーのGRⅡを併用するようになって、それを考えれば昨年が丸1年の使用数をカウントできた最初の年ということだ。

2017年までは100本前後で推移。

だから3割フィルムの本数が減ったことになる。

現在の相場はフィルムの価格と現像価格をセットにして1本当たり約3,000円。単純計算だが9万円浮いた。

けれども実感が沸かない。

何故だろう。

浮いた分だけフィルムを購入しているからだろうか。

フィルムとデジカメ併用の問題点

【ショット数】

僕の場合、撮影スタイルのベースはフィルム。1枚1枚丁寧に撮り重ねていく感じ。

昔のようにワンサカ、カシャカシャとシャッターが押せない懐事情も背景にある。

だから、フィルムからコンデジに変えても1枚1枚慎重に・・の撮影方法から抜け出せない。コンデジだから何枚撮っても問題ないのに。

昨年夏に鳥屋野潟でご一緒した男性から「今日どれくらい撮った?」と聞かれたことがあった。「3カット」と返事したらとんでもなく驚いた様子で「僕なんかもう100はいってるよ」と。

周りの人もそんな感じだった。

デジカメだと確実にショット数が増す。

僕はその途上にいるのかもしれない。

表題写真

大晦日、帰省前に古町界隈をブラついた。

正月休みに入ったせいで人がほとんどいない。

路地裏に回ってみた。

人影さえもない。

・・・ん?

ラッパ猫?

誰もいない路地裏でホッペを膨らませて頑張ってたの。

RVP100 フォクトレンダー ULTRON 40f2SLⅱs NikonF3  新潟市

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

このサイトについて

NikonF5にFUJIFILMのRVP100詰めて、「ホントはデジタルカメラも良いんだけど」、という素振り一つ見せずアナログ道を突き進んでいる。 身近な自然をテーマにしているが、これは裏を返せば遠くへ出掛ける経済的余裕が無い事を言っているのに等しい。 そんなヘンテコ親父の撮影日記です。

アーカイブ

おすすめ記事

  1. 2019.10.26

    秋色 枯草色
  2. 2019.10.10

    ぺたんこ蛙
  3. 2018.02.16

    凍吹雪
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。