フェンスの向こう側・壊れた消防車

壊れた消防車がそこにある。

いつになったら撤去されるのだろうと気にはなるが、フェンスの向こう側だし、立ち入り制限区域でもあるから、積極的な関心を持つまでには至らない。

覗いていると監視されてる気分にもなる。

ところが、夏が終わり秋がやって来て、そろそろ冬の足音が聞こえてきそうな時期になって、そこの寂れた荒野は存在感を増してきた。

おそらくは目にしている様々な形が一体化してきたためだろう。

片目が飛び出し、バックミラーもなぜか反転してしまった消防車を中心に、枯れ草や背後の人気のない工場棟が脇役として浮かび上がってきた。

視線を向ける回数も増した。眺める角度も。想う時間も。

写真

フェンスにレンズを押し当てみた。

思わず笑ってしまいましたね。

フェンスの編み目が少しでも大きな部分から向こう側を撮った形跡があるんです。

形の丸い黒ずんだ擦れ痕が、僕がレンズを押し当てようとしたまさにそこにピンポイントで付いているんですね。

レンズフードの痕でしょうか。

レンズの焦点距離は知る由もありませんが、僕と同じように撮っている人がいると思うとなにか不思議です。

その人は壊れた消防車や背後の風景を観てどう感じてたのだろうと。

RVP100 Ai-Nikkor 180f/2.8s ED NikonF3  臨港埠頭 12月1日撮影

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

切ないタカアザミ

サンバを踊れない てんとう虫

関連記事

  1. 萬代橋

    地元新聞社社屋近くの河川敷から。信濃川の右岸側から古町方面を…

  2. 青・白・黄

    娘の迎え序でに新日本海フェリー埠頭へ。小樽行きのフェリーが停泊してい…

  3. すべて黒尽くめの男

    その男は服、ズボン、靴、リュック、帽子、自転車、マスクまで全て黒尽く…

  4. 新潟西港・臨海埠頭

    山の下みなとタワーの大階段上段から埠頭を望んだ図。この日はい…

  5. 坊さんとモンブラン

    (写真を撮った8月30日は)未明に起きて近くの鳥屋野潟へ朝焼け撮影に出掛…

  6. 婆ちゃんが畑仕事する傍らでフランスを垣間見ていた…

    婆ちゃんとの距離はおよそ20㍍。畑の畝に頭を垂れ、念仏みたいな呪文み…

  7. トウモロコシとジャガイモの花

    今は少し落ち着いたが、この前まで夕飯時、トウモロコシがよくでた。…

  8. 釣り糸かムチか、あのビロ~ンは一体・・

    浦島太郎の釣り竿から伸びた釣り糸か、それともムチとみるか。名…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。