Daddy Longlegs

アメリカではこの御方を親しみ込めて“Daddy Longlegs”、つまり「あしながおじさん」と呼んでるそうだ。

慈愛に満ちた愛称で、ユーモアが溢れていていいなぁ~。

コレ、クモじゃなく、ダニの仲間でザトウムシの一種だそうだ。

ザトウムシ・・・漢字にすると座頭虫。

ありゃ、座頭市の“座頭”?

調べて、

盲目の・・

足元が覚束ない状態で・・

すり足で・・

注意深く探りながら・・

そんな意味があることを知った。

コイツを撮影した時のことを思い浮かべてみた。

あぁ~そう言われると、そんな動き方だったような・・。

樹皮と虫

最初は樹皮の模様に興味があって、その織りなすパターンをどうやったら面白く撮れるかな、などと考えていたらコイツが居たことに気がついた。

髪の毛みたいな長い脚。その時点では種の同定なんて出来ていないから、てっきり蜘蛛の仲間と思っていたんだな。

RVP100 フォクトレンダー ULTRON 40 f/2SLⅡs NikonF3  胎内市 23日撮影

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

草紅葉

頭上の秋

関連記事

  1. 神社猫

    RICOH・GRⅡ胎内市・若宮神社の猫ちゃんです。「猫ちゃん」っ…

  2. ユズリハとヒヨドリ

     ユズリハは冬の野鳥たちにとって、願ってもないシェルターでしょう。あらかた葉…

  3. 鷹巣のカタクリの花

    関川村鷹巣キャンプ場。今季2回目の訪問。午後の2時過ぎです。本日…

  4. お疲れ気味 コヨシキリ

    過去写真 「ギョギョシ、ギョギョシ」と大きく囀るオオヨシキリと比べると一回り…

  5. カマキリの横睨み

    やっとこさ、オオハナアブを摑まえた。よく頑張った。立…

  6. ウスバシロチョウ

    雑記今日22日、右目の緑内障定期検診日。午前中に瞳孔を開く検査を終え…

  7. ゴジラじゃなかった瀬波の恐竜

    ゴジラだと思っていたが、ゴジラじゃなかった。ながらく眺めていたつもりでい…

  8. 稲穂とノビタキ

    過去写真 初掲載 稲刈りの時期を迎えると野鳥達の世界は”秋の渡り”を迎えます…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。