Daddy Longlegs

アメリカではこの御方を親しみ込めて“Daddy Longlegs”、つまり「あしながおじさん」と呼んでるそうだ。

慈愛に満ちた愛称で、ユーモアが溢れていていいなぁ~。

コレ、クモじゃなく、ダニの仲間でザトウムシの一種だそうだ。

ザトウムシ・・・漢字にすると座頭虫。

ありゃ、座頭市の“座頭”?

調べて、

盲目の・・

足元が覚束ない状態で・・

すり足で・・

注意深く探りながら・・

そんな意味があることを知った。

コイツを撮影した時のことを思い浮かべてみた。

あぁ~そう言われると、そんな動き方だったような・・。

樹皮と虫

最初は樹皮の模様に興味があって、その織りなすパターンをどうやったら面白く撮れるかな、などと考えていたらコイツが居たことに気がついた。

髪の毛みたいな長い脚。その時点では種の同定なんて出来ていないから、てっきり蜘蛛の仲間と思っていたんだな。

RVP100 フォクトレンダー ULTRON 40 f/2SLⅡs NikonF3  胎内市 23日撮影

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

草紅葉

頭上の秋

関連記事

  1. 不動という事

    私事で8,9の両日は上越にいたのでした。高田と直江津の中間辺りをうろつく。…

  2. 頭上の秋

    もうじき雪がやって来る窓辺に置いたラジオからそんな気象情報が…

  3. カブトムシ屍

    これも現実なのですね。サンダル履きで出掛けられる公園内でもこんなことが起き…

  4. 飛び立つ白鳥

     晴れた朝、気温が下がり、霧が出始めた中、朝陽が一面に差し込んできて、鳴き…

  5. たんぽぽの綿毛

    タンポポンの綿毛。柔らかな光が欲しくて、曇り空のもとで撮ってみました。背…

  6. 翡翠(かわせみ)

    過去写真 初掲載 過去は過去でもかなり前。NikonF5が登場したのが199…

  7. ミヤコワスレをモノサシで計る

    『都忘れ』という花だ。寺の近くの池の畔、だれかが故人を偲んで植えたのだろ…

  8. ちょっと、アンタ~・カマキリ

    誰かさんが言ってたなぁ。「この時期の昆虫達は生殖活動、真っ盛…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。