ちょっと、アンタ~・カマキリ

誰かさんが言ってたなぁ。

「この時期の昆虫達は生殖活動、真っ盛り」って。

山里の沼の周りを歩いたら“合体トンボ”を多く見かけたし、羊歯の葉にとまったアマガエルも近くの仲間を物憂げ顔で見詰めていた。

じゃあ、このカマキリはなんだよ?

交尾中でもなく、明らかに近づく昆虫を捕まえては食ってやる状態なのだが、オイラが草藪を漕いで近づく音に気が付いて擬態をかましてきたのは理解する。

でもなぁ~、格好がちょっと。

「俺は単なる小枝だよ~」と言いたげに躰を左右にユラユラさせている。

「緑の草に枯れた小枝なんかあっか!」とこっち。

背景がスッキリ抜けそうなアングルを探して三脚をソ~ッと差し込んで、カメラのファインダーを覗いてみる。

レンズのピントリングをまわして、浮かび上がった彼の姿はオンナ?

「なんだよ、この姿?」

枯れ枝に似せた姿が妙に色っぽく見えてきた。

“指先”のしなやかさ?

「こっちに、いらっしゃい~」と手招きしているんだね。

まぁ、全てはオイラの邪念のせいではあるのだが、考えてみた。

昆虫達は交尾する際、色気に対する心理が働くのだろうか。

ムラムラするのだろうか。

イカレ頭な状態でニヤニヤしながらシャッターを押していたのでありました。

RVP100 Ai-Micro Nikkor 105 f/2.8s NikonF3 阿賀野市 16日撮影

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ホオズキ・鬼灯

朝陽に透けるエノコロ蝶

関連記事

  1. 伊達男 オシドリ

    神様は何でこんな色彩の取り合わせにしたのだろう。見れば見るほ…

  2. 瘤に似せて敢えて目立たないようにしているとしか思えません。このように翅を畳…

  3. 赤玉の嘆き

    阿賀町:たきがしら湿原『赤玉』という腹が痛む時に飲む薬があるが、あれと同じ…

  4. 三光鳥

    前回に続いて、今度はメスのサンコウチョウ。やはり警戒して、辺りをウロ…

  5. 雨蛙・祈りの時間

    『梅雨待ち雨蛙』をイメージして撮影に出掛けたが、『梅雨待ち』というよ…

  6. スミレの「しぇ~っ!」

    2015年4月19日(日)撮影 前回の写真の続きです。これも滝沢での撮影です…

  7. だ~れもいない

    7日を境に一気に寒くなっちまった。急激な気温の変化に体がついていけない。…

  8. 緑葉

    いつだったか、誰だったか、本の中だったか、そのあたりの出所は忘れたが…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。