ちょっと、アンタ~・カマキリ

誰かさんが言ってたなぁ。

「この時期の昆虫達は生殖活動、真っ盛り」って。

山里の沼の周りを歩いたら“合体トンボ”を多く見かけたし、羊歯の葉にとまったアマガエルも近くの仲間を物憂げ顔で見詰めていた。

じゃあ、このカマキリはなんだよ?

交尾中でもなく、明らかに近づく昆虫を捕まえては食ってやる状態なのだが、オイラが草藪を漕いで近づく音に気が付いて擬態をかましてきたのは理解する。

でもなぁ~、格好がちょっと。

「俺は単なる小枝だよ~」と言いたげに躰を左右にユラユラさせている。

「緑の草に枯れた小枝なんかあっか!」とこっち。

背景がスッキリ抜けそうなアングルを探して三脚をソ~ッと差し込んで、カメラのファインダーを覗いてみる。

レンズのピントリングをまわして、浮かび上がった彼の姿はオンナ?

「なんだよ、この姿?」

枯れ枝に似せた姿が妙に色っぽく見えてきた。

“指先”のしなやかさ?

「こっちに、いらっしゃい~」と手招きしているんだね。

まぁ、全てはオイラの邪念のせいではあるのだが、考えてみた。

昆虫達は交尾する際、色気に対する心理が働くのだろうか。

ムラムラするのだろうか。

イカレ頭な状態でニヤニヤしながらシャッターを押していたのでありました。

RVP100 Ai-Micro Nikkor 105 f/2.8s NikonF3 阿賀野市 16日撮影

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ホオズキ・鬼灯

朝陽に透けるエノコロ蝶

関連記事

  1. クワガタムシ

    地面から這い出して幹を登り始めたか、それとも幹を降りていたのか知らな…

  2. 太陽のような“ホニャララ”

    実家の庭で咲いていた“ホニャララ”。私はど派手な原色が好きに…

  3. “縄文田んぼ”に朝がきた

    今日26日は待ちに待った日曜日。娘は昨日の"音髭”を飛び跳ね…

  4. 春が来た!でもタイヤ交換はまだ・・

    誰が何と言おうと紛れもなく春の光。朝方は岸辺に氷が張るほど冷…

  5. チューリップ畑

     ようやく雪が降り始めた。新潟市内も白く雪化粧している。あれほど“暖冬”と言…

  6. アメリカ コハクチョウ

     年明けから一度もシャッターを押していない。休みの間は午前中の早い時間のみ近…

  7. 珊瑚色の猩々袴

     灰桜の猩々袴は新発田市滝沢の出入り口付近で撮影した。今回の写真は、”灰桜”…

  8. 首を傾げたスミレの花

    自然界の創り出す色の世界には驚かされます。科学物質を調合して…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。