縦位置にしたら「男鹿半島」が見えたような

8月3日の鳥屋野潟ですね。

右側(南)からジワジワ攻め込んでくる雲の縁が朝陽に輝くだろうと。

三脚にカメラをセットし、水平を水準器で確認し、雲の画面比をあれこれ考え、「この辺りで良いじゃないの」と、パシャリした絵。

今か今かと眺めていたら、雲のラインが海岸線に思えてきて、頭の中で新潟から北上するそれを思い描いていたら閃いた。

“男鹿半島”じゃん、あの部分?

「雲がポッカリ空いた部分は干拓後の八郎潟」・・

面白いもんです。

横位置構図では思いもしなかったもんね。

と、言っても感じ方は人それぞれ。

ア、思い出した。

ねむの木学園の子どもたちが描いた絵・アレは脳髄にズキンときます。

今まで見て感じた自分の感性って一体何だったのだろう?・・と。

熱中症

いつから熱中症と呼ぶようになったのだろう?

日射病のほうがシックリくるのはオイラだけ?

暑くて苦しい!

朝の自転車通勤は軽く汗をかく。

それはそれなりに体が解れて気持ちが良い。

しかし、問題は夕方だ。

アスフャルトに溜まった蓄熱をモロに浴びながら自転車漕ぐって大変。

RVP100 Ai-Nikkor 24 f/2.8s NikonF3  鳥屋野潟

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

慈雨・濡れアザミ

ムラサキツユクサの花弁でお休み中・ヤマトシジミ

関連記事

  1. 北風と春陽

    陽の光が気になり出してきた。日の出時刻はいつの間にか6時半前…

  2. ピロピロとマンサクの花

    午前中は台所で食器洗い、そして部屋の片付け、風呂の掃除。ここ…

  3. 雨雲がすだれて朱に染まる

    今朝の鳥屋野潟です。日の出が近づくにつれ、雲のエッジが際立っ…

  4. 秋風

     フィルム写真には“落とし穴”がある。その場で撮影状況を確認出来ない分だけ“…

  5. 薄化粧・鳥屋野潟

    RICOH・GRⅢ岸辺で鮒が動き出したツバメが湖面すれすれに滑空する…

  6. 鳥屋野潟は桃色潟

    夜明け前、東の空低くにポッカリ空間ができていて、その上に雲が鍋ぶたみたいに被…

  7. 染まる鳥屋野潟

    台風12号が新潟から逸れた。ホッとしたが、テレビでその予想進路を知り、複雑…

  8. 幸せの 黄色い ボンボン

    写真のお方はヤナギトラノオ。漢字で書くと『柳虎の尾』となるのだろうが、葉…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。