縦位置にしたら「男鹿半島」が見えたような

8月3日の鳥屋野潟ですね。

右側(南)からジワジワ攻め込んでくる雲の縁が朝陽に輝くだろうと。

三脚にカメラをセットし、水平を水準器で確認し、雲の画面比をあれこれ考え、「この辺りで良いじゃないの」と、パシャリした絵。

今か今かと眺めていたら、雲のラインが海岸線に思えてきて、頭の中で新潟から北上するそれを思い描いていたら閃いた。

“男鹿半島”じゃん、あの部分?

「雲がポッカリ空いた部分は干拓後の八郎潟」・・

面白いもんです。

横位置構図では思いもしなかったもんね。

と、言っても感じ方は人それぞれ。

ア、思い出した。

ねむの木学園の子どもたちが描いた絵・アレは脳髄にズキンときます。

今まで見て感じた自分の感性って一体何だったのだろう?・・と。

熱中症

いつから熱中症と呼ぶようになったのだろう?

日射病のほうがシックリくるのはオイラだけ?

暑くて苦しい!

朝の自転車通勤は軽く汗をかく。

それはそれなりに体が解れて気持ちが良い。

しかし、問題は夕方だ。

アスフャルトに溜まった蓄熱をモロに浴びながら自転車漕ぐって大変。

RVP100 Ai-Nikkor 24 f/2.8s NikonF3  鳥屋野潟

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

慈雨・濡れアザミ

ムラサキツユクサの花弁でお休み中・ヤマトシジミ

関連記事

  1. 知らず白む鳥屋野潟

    撮影は5月1日になります。「太陽は雲の向こうでとっくに昇っているのに、今日…

  2. コガネムシ

    2015年7月4日(土)撮影 夜明けとともに雨があがり、明るくなってきました…

  3. 曼珠沙華・紅い花

    RICOH・GRⅢ万曼珠沙華が咲き出した。彼岸になれば必ず姿を見せる…

  4. 鳥屋野潟 6月

    2014年6月上旬撮影 あんなに上沼橋へ通ったのに、掲載した鳥屋野潟の朝焼け…

  5. ネコの“指先”

     「そう言えばあのネコヤナギ、どうしちゃったんでしょうね・・」 「母さん、…

  6. ちょっと待った!カマキリ

    8月下旬頃からカマキリをよく見るようになった。時期的に彼らの生活上、大きな…

  7. 鳥屋野潟・Gradation

    ♬~夜と朝のあいだに ひとりの私~・・・ピーターの持ち歌だったっけ、それと…

  8. 朱色に染まる鳥屋野潟

    台風10号の置き土産ですね(16日)。GRⅡで撮影した画像は投稿済みでし…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。