慈雨・濡れアザミ

しっとりと濡れた緑葉にアザミの花はギョロッとなるほど鮮烈で、明るい雨なら「もっと降って、アザミの花をより際立たせてくれないか」と思ったほど。

こんな美しい雨の降り方ってあるんだぁ~と。

雨に付きものの陰鬱さが全く無いんだ。

これぞ、慈雨。

処は胎内市・胎内平。

いつもはこの時期に蝶やらクワガタを狙いにやって来るのだが、この日は旧黒川村に近づくにつれ雲行きが怪しくなり、その懐でついに雨が降りだした。

振り返れば夜明けの清冽な青が西の空にあるのだが、進む先は霧の中。高度を上げるに従い次第に雨脚は強まって、車の天井を叩くその音さえ気になるくらいとなった。

けれど、明るい。

雨池では雨粒が池の隅々まで落ちて、沼全体が小さな花火を咲かせていて、それをつぶさに見届けようと雨具を羽織もせず辺に立ってみた。

ラクウショウの根ですね、“気根”がプスプス。音なんか発していないのですが、雨垂れの音がシンクロしてそう感じてしまうのです。

嬉しい雨なんです。草木が喜ぶ雨ってこんな雨なんだと。

写真は近くで咲いていたアザミ。その花茎を頼って上へ伸びた蔓。

二つの植物を一つに見立ててみた。

楽しい雨は命を輝かせてくれる。

アザミもいいけど、この蔓、これからどう伸びる?

RVP100 Ai-Micro Nikkor 105 f/2.8s NikonF3  胎内市 7月15日撮影

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

世界地図・キタテハ翅裏夏物語り

縦位置にしたら「男鹿半島」が見えたような

関連記事

  1. 伊達男 オシドリ

    神様は何でこんな色彩の取り合わせにしたのだろう。見れば見るほ…

  2. 瘤に似せて敢えて目立たないようにしているとしか思えません。このように翅を畳…

  3. 赤玉の嘆き

    阿賀町:たきがしら湿原『赤玉』という腹が痛む時に飲む薬があるが、あれと同じ…

  4. 三光鳥

    前回に続いて、今度はメスのサンコウチョウ。やはり警戒して、辺りをウロ…

  5. 雨蛙・祈りの時間

    『梅雨待ち雨蛙』をイメージして撮影に出掛けたが、『梅雨待ち』というよ…

  6. スミレの「しぇ~っ!」

    2015年4月19日(日)撮影 前回の写真の続きです。これも滝沢での撮影です…

  7. だ~れもいない

    7日を境に一気に寒くなっちまった。急激な気温の変化に体がついていけない。…

  8. 緑葉

    いつだったか、誰だったか、本の中だったか、そのあたりの出所は忘れたが…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。