慈雨・濡れアザミ

しっとりと濡れた緑葉にアザミの花はギョロッとなるほど鮮烈で、明るい雨なら「もっと降って、アザミの花をより際立たせてくれないか」と思ったほど。

こんな美しい雨の降り方ってあるんだぁ~と。

雨に付きものの陰鬱さが全く無いんだ。

これぞ、慈雨。

処は胎内市・胎内平。

いつもはこの時期に蝶やらクワガタを狙いにやって来るのだが、この日は旧黒川村に近づくにつれ雲行きが怪しくなり、その懐でついに雨が降りだした。

振り返れば夜明けの清冽な青が西の空にあるのだが、進む先は霧の中。高度を上げるに従い次第に雨脚は強まって、車の天井を叩くその音さえ気になるくらいとなった。

けれど、明るい。

雨池では雨粒が池の隅々まで落ちて、沼全体が小さな花火を咲かせていて、それをつぶさに見届けようと雨具を羽織もせず辺に立ってみた。

ラクウショウの根ですね、“気根”がプスプス。音なんか発していないのですが、雨垂れの音がシンクロしてそう感じてしまうのです。

嬉しい雨なんです。草木が喜ぶ雨ってこんな雨なんだと。

写真は近くで咲いていたアザミ。その花茎を頼って上へ伸びた蔓。

二つの植物を一つに見立ててみた。

楽しい雨は命を輝かせてくれる。

アザミもいいけど、この蔓、これからどう伸びる?

RVP100 Ai-Micro Nikkor 105 f/2.8s NikonF3  胎内市 7月15日撮影

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

世界地図・キタテハ翅裏夏物語り

縦位置にしたら「男鹿半島」が見えたような

関連記事

  1. 首を傾げたスミレの花

    自然界の創り出す色の世界には驚かされます。科学物質を調合して…

  2. 半端ないほど翅をなくしたエンジェル

    先日、写真撮りながらタバコをポイしたカメラマンに「落ちたよ、あんたの…

  3. バカマの素顔

    RVP100 Ai-Micro Nikkor 55f/2.8s+接写リング …

  4. 藪の中・ツクバネウツギ

    折り重なる枝葉の向こうにその妖精はまどろむような姿で座っています。…

  5. 葉っぱが動く?

    山の入り口を歩いていたら、葉っぱが動いた。すぐに立ち止まって、その方を見や…

  6. ネコヤナギにシジュウカラ

    ネコヤナギにシジュウカラがとまってくれました。雪が消え、ネコヤナギが…

  7. シラネアオイ

    昔々、故郷の胎内市で撮影した。山の奥まった場所でサンカヨウやクリンソウなど…

  8. 浜風・桃崎浜

    ACROS100Ⅱ Ai-Nikkor 24f/2.8s NikonF3…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。