太陽のような“ホニャララ”

実家の庭で咲いていた“ホニャララ”。

私はど派手な原色が好きになれず見向きもしなかったが、存在感ありありだし、母も「写真に撮ってくれ」というので、感じたまま撮ってみたのでした。

それで、撮った写真がコレ。

しかし、母は「なんだぁ~これぇ~・・オラ、こんな写真、好きでねぇ~」と言ってきた。

僕も関心無いし、撮り方も駄目なら消去しちゃおうと考えたが、RAWで撮影してて、JPEG変換してパソコン画面に映し出してみたら、それなりに良かったのでデータは保存することにした。

教えてもらった花の名前は運転中に忘れてしまった。

RICOH・GR2   9日撮影

ユキノシタ

前回、阿賀野市のとある山里で見つけたユキノシタの写真を掲載したのですが、実家の庭にもあったのでした。分かりませんでした、ハイ。

家育ち野育ちでは葉っぱの大きさが全く違うのですね。それに伝わるダイナミックさみたいな野太さみたいなものも。

これには驚きました。

フィルム値上げ

6月に入り富士フィルムが各種フィルムの値上げに踏み切った。

値上げ幅は約30%。僕がよく使うリバーサルフィルムはこれまで1本1,250円前後だったが、これが1,600円前後になったということだ。

これはフィルム全盛期の頃のほぼ倍の価格。「高い~」と叫びたいが、「存続しているだけでもヨシ」と考えるようにしている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

笹藪の中 ひっそりと咲いたユキノシタ

ぼ~と雲を眺めてみれば・鳥屋野潟

関連記事

  1. みんな帰っちゃったな・・

     仲間の白鳥たちはみんな北へ帰っていった。賑やかだった湖面はすっかり静まり返…

  2. 山陰は冷たいまま・霜葉

    コナラの幼木でしょうか。陽はとうに昇っているのに山陰は冷たい…

  3. ハルニレのカブトムシ

    ハルニレの樹液をむさぼるカブトムシの♂。午前9時を過ぎ…

  4. ぞうときりん

    ACROS 100Ⅱ COSINA Voigtlander ULTRON 4…

  5. ほんのりと赤ら顔の岩鏡

    撮影の実際山影が少しずつ消えてきて、このイワカガミにも陽があたり始めました…

  6. 大きく剥がす・氷の板

    ACROS100Ⅱ Ai-Nikkor 35f/2s NikonF3道を…

  7. 寒雀

    冬、白鳥で知られる新潟県瓢湖での撮影。珍しく快晴の朝、とてつもなく冷…

  8. ベニスズメじゃないベニスズメ

    こんな表題にしたせいで、ややこしや~。ここでお呼びでないベニ…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。