夜明け色・鳥屋野潟

この夜明けの色をどう表現したら良いのでしょう。

小さいながらもインパクトある朝焼けとそれを包む空が共鳴しているようです。

静かな美しさを感じました。

控えめで、ややもすると見過ごしてしまいそうな小さなフラッシュ(地上近くだけでしたので、上の空だけを見ていたなら気が付かないでしょう)。

ほんのわずかな範囲だけポワ~と桃色に染まります。

ピークの時間は極わずか。桃色色素は全天には拡がらず、すぐに周りの大気に溶け込み薄れていくのでした。

携えたコンデジの広角単焦点レンズの画角では空にブカブカな服を着せたような感じになったため、40㎜レンズを付けたフィルムカメラで撮影しています。

RVP100 フォクトレンダー ULTRON 40f/2 SLⅡs NikonF3  14日撮影

オオヨシキリ

いつの間にかオオヨシキリのギョギョシ声が湖面を渡って流れている。

あの声は夏の潟の風物詩。

頭の中で思い出すだけで渡る風の匂いまで浮かんできます。

その声なんですが、今年はか細い。

僕の聴覚が弱ってきたわけではありません。時期的なせいでもない。年々数を減らしていると言えるでしょう。

昨年まで朝焼けの撮影していると、

隣の林の中から・・

あちらの葦原から・・

なんて四方から声がしていたのに。

それとツバメも。

普通に日常の視界に飛び込んでいたのになぁ~。

僕の生活パターンが変化したわけでないのに。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

辛うじてこの1枚・大岩鏡

ギシギシに普通にぶら下がった紋白蝶の普通でないとき

関連記事

  1. 朝露キラリンチョ

    2015年8月中旬撮影 この種の湿地植物はどれもこれも同じように見え、区別す…

  2. ビッグスワンXmas・version

    2015年12月9日(水)撮影 旧暦で“小春日和”と表現が可能な最後の日ら…

  3. 鳥屋野潟・梅雨の晴れ間

    梅雨の晴れ間の7月14日に撮影している。この時点で4時半をまわって、日の出…

  4. コガネムシ

    2015年7月4日(土)撮影 夜明けとともに雨があがり、明るくなってきました…

  5. 燃える 鳥屋野潟

    写真は16日土曜日、出勤前に撮影している。この頃、台風18号は九州上陸を伺…

  6. 木洩れ日とモゾモゾ

    頭上の木々の葉という葉、至る所にセミの抜け殻がぶら下がっている。1枚の葉に4…

  7. モンシロチョウ

    2015年10月12日(祝)撮影雲行きが怪しくなって、風が出てきた。…

  8. 初々しい 新芽

    午後になり陽が射し始める。入院中の女房は順調で「焼きプリン買ってきて…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。