力強い春

4月下旬、「柔らかな春を探そう」・・なんてちょっとムズムズしそうなテーマをひっさげて野山を歩いてみたら、そこには「柔らかな春」どころか「力強い春」が至る所にゴロゴロ転がっておりました。

頭上高く木々の葉が一斉に葉を広げ、陽の光が遮られる前に、我先に地面から顔を出し、ちょっとでも背伸びして光の恩恵にあずかりたいとする鬩ぎ合いというかだまし合いというか殴り合いというか、とにかく隆々とした血潮が漲っていたのです。

僕がオォ~となったのはこのお方。

ゼンマイでしょうか?よく分かりませんけど、クルクルと縮こまった体をウリャ~と伸ばそうとする躍動を感じたのでありました。

隣はコイツの葉っぱですね。

この葉の形も何というのでしょうかね、新芽を風から守るネットみたいだし、新芽のオーバーコートに見えてきます。寄り添う母みたいな存在ですね。

RVP100 Ai-Micro Nikkor 105 f/2.8s NikonF3  三条市

朝起きと体調変化

日の出時刻が早くなった分だけ目覚めの時間も早まってきた。出勤前の朝焼け撮影のためで数年前から恒例行事みたいになっているのですが、今年は体がなんか変。

メンタマがしょぼしょぼする。

脚が突然にカック~ンとなって崩れ落ちそうになる。

何だ、この現象は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

サンカヨウ・新潟県阿賀町光と戯れるサンカヨウの花

ミツバツツジは振り向いてくれない

関連記事

  1. 猩々緋の猩々袴

    ほんもの”猩々緋“のショウジョウバカマ。「漢字で“猩々袴”とあてなが…

  2. 水中から地上そして空へ

    ヤゴの羽化に立ち会った。“誕生”という神聖な時間帯、トンボになって最…

  3. 鳥居と大コブシ

    春、花が咲いたら撮ろうかな・・三度ほど下見に来てて、「ヨッシャ~、今…

  4. 見得を切るハラビロ

    獲物に飛びかかろうとした矢先に僕に見つかってしまったカマキリは新潟市…

  5. 干潟のツルシギ(秋)

     秋の瓢湖に飛来したツルシギ。北側の沼地で撮影した。まだ池が造成される前と記…

  6. 生まれたてトンボ

    からだの色合いから羽化後間もないのだろう。ただし、判る範囲はそれくらいでどん…

  7. 春が来た・バンザ~イ!

    RICOH・GRⅢそんなに太陽の陽が欲しいんか?葉っぱ まだ伸びきっ…

  8. アズマイチゲ

     3月29日、福島潟での撮影の後、鷹巣キャンプ場へ。約1年ぶりの訪問です。年…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。