コスモス、おまえに決めた

この記事は1分で読めます

 朝から雲の多い天気。ただし草花の撮影時、悩まされ続けた風が無い。
明るくはないけど撮影は可能。
 それで鳥屋野公園に行く。丸い花壇の中、コスモスの花がきれい。
午前10時、土曜日だけど散歩する人はまばら。
肩にかついだバックを地面におろしじっくりと撮影開始。
F5にAi55F2.8sのマニュアルレンズを取付て。
 株が密集していて葉も重なり合っているたくさんのコスモス。
その中から「これがいい」と選び出すのは大変だ。
ゴチャゴチャ状態の中に花がある感じで撮影は見た目より大変。
パターンを考えてみる。赤、白、ピンクが連続して並んでいて
しかも腐ってない花はどこかいな・・と。
なかなか見つかりません。枝が邪魔したり、バックの背景がうるさかったり。
ファインダーで覗いては「ダメダメ」をくり返す始末。
そして、結局は「やっぱ、あれにすっか」となり撮影したのがこの写真。
 私はすぐに妥協してしまう。
悪いクセを知りながらこの歳になった今でも繰り返している。
ピントは中心に。露出は2/3オーバーでやったかも。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて

NikonF5にFUJIFILMのRVP100詰めて、「ホントはデジタルカメラも良いんだけど」、という素振り一つ見せずアナログ道を突き進んでいる。 身近な自然をテーマにしているが、これは裏を返せば遠くへ出掛ける経済的余裕が無い事を言っているのに等しい。 そんなヘンテコ親父の撮影日記です。

アーカイブ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。