藪の中・ツクバネウツギ

人知れず匂い立つ

折り重なる枝葉の向こうにその妖精はまどろむような姿で座っています。

周りを包む光もことのほか柔らかそう。

林床に届く間に幾多の木々にこなされたせいでしょう。

スイカズラ科の落葉低木、ツクバネウツギ(衝羽根空木)です。

華奢な姿に立ち止まり匂いを嗅ぐ感じで顔を寄せているうちに、逆に此方がその花に見つめられているような錯覚に陥ります。

どんな風に私を見つめてるんだろうって。

待つ

この花木は小さいほう。花もたくさんはついていませんでした。

花の背後に陽が当たっている部分を選んで撮影しています。

縦位置構図は最初から。

「待つ」ことなんですが、対峙していると光の当たる部分が動いているのですね。写真の下から二つ目の葉から手前側の花まで光が動いてくるのを待っています。

藪の中でガサコソと音がする度に首をもたげ「ワ~」と叫んでもいた。

RVP100 Ai-Micro Nikkor 105 f/2.8s NikonF3  阿賀野市 5日撮影

フィルム各種値上げ

連休期間中、リバーサルフィルムを8本使用しました。

価格が高いから遠慮気味に撮影していたのに、先日ニュースでフィルム各種の値上げの発表が流れてしまった。

流通価格で現状より約30%値上げするって。15年前と比べて2倍ですね。

今後小遣いとのやり繰りが大変になりそう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

大輪寺・“路傍すみれ”

令和の時代・初日の出

関連記事

  1. 鳥居と大コブシ

    春、花が咲いたら撮ろうかな・・三度ほど下見に来てて、「ヨッシャ~、今…

  2. ヒメシジミ♂

    新しいテレビが我が家にやってきた。もう37型の大きさなんてないんですね。前…

  3. 汗の数だけ米になる

    「汗の数だけ米粒に成るんだ」・・夏場に撮影に立ち合った農家の方が何気に発した…

  4. 水鏡

    時間がピタッと止まって、微かな音さえ聞こえない1羽のカモが水を飲もう…

  5. 炎天下のクロイトトンボ

    このトンボ、交尾中のカップルを追いかけ回し、見えなくなるほど遠くへ行っちまっ…

  6. 鷺の舞

    夜明けの山陰は蒼く沈んだまま。視線を足元に、雨溜を避けて歩き…

  7. 手水舎の柄杓

    ACROS100Ⅱ Ai-Nikkor 35f/2s NikonF3手水…

  8. 角田山のイカリソウ

     角田山、灯台コース上で撮影。GW期間中に家族で登山。このコースは海抜0メー…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。