朽ちて 尚も匂い立つ 椿かな

ソメイヨシノの蕾の状態を確かめに鳥屋野潟公園に出向くも掃き寄せられた落ち葉の上、崩れ落ちた椿の朽ち花達に吸い寄せられてしまいました。

幾多あるなかでひときわ厚く重なる掃き葉の上にその姿は朽ちて尚も凜とした佇まいがそこかしこに漂っているような気配さえ感じてくるのです(この瞬間はフィルムでもパシャリ)。

佇まい・・かつてその花が満を持し咲き誇っていた時があったわけで、その名残香が堆肥のそれとは一線を画し、上へ上へと揺らいでくるのです。

数年前に此処鳥屋野潟公園で感じた八重桜の落花の豊潤な香りではなく、煤けた色褪せた匂いとでもいうのでしょうか。

ただ、それでいながら明らかに艶のある椿の香りが介在しているのです。

どう表現したらよいのでしょう。

嗅ごうとするとその本念を見失い、気にしていないといつの間にか周りに漂っているようなそんな香りなんですね。

桜の開花前にちょっと得した気分になったような。

RVP100 Voigtlander ULTRON 40f2SLⅡs NikonF3 7日  鳥屋野潟

選挙投票所

母を地元の選挙投票所へ連れていった。「前回はいげねがった~」の言葉が引っ掛かっていたのでした。

投票場所は◯◯中学校の体育館。

ここは入り口で靴を脱ぐのですね。それでスリッパに履き替える。

これは遺憾ですね。

年寄りはただでさえ足腰が衰えている。

そんな状態でスリッパに足を入れたってその指で踏ん張れないですね。

前屈みの状態で不安定な足元・・なんか危なっかしいです。

歩くのが、前へ進むのがつらいのです。

車椅子が傍らに置いてありましたが私には「飾り」に見えてきます。使い方がよく分からないのですね。

少なくともここの場所は健常者目線での捉え方ですね(因みに新潟市の選挙投票所では床にロールシートが敷いてありその上を土足でいける)。

改善すべき点ですね。

こんな身近な問題になぜ気がつかないのかな。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

黄色い水仙と青空

水面色づく鳥屋野潟の夜明け

関連記事

  1. 101

    2015年10月31日(土)撮影何時になく薄暗い日曜早朝。雨がしとし…

  2. 縦位置にしたら「男鹿半島」が見えたような

    8月3日の鳥屋野潟ですね。右側(南)からジワジワ攻め込んでく…

  3. オレンジ・スワン

     ビッグスワンの空がオレンジに染まる季節がやって来ました。昇る太陽の位置が左…

  4. 四匹のネコヤナギ

    ネコヤナギです。 鳥屋野公園、通称「流れの小径」沿いです。やっぱ、春を感じる…

  5. バルタンな顔・アブラゼミ

    結果、本日の1枚となろうか。この記事を書いている現時点で傍らにビール…

  6. 愛らしいネジバナ

     ネジバナを撮る。午後、鳥屋野公園かめ吉田んぼの池にいく。木道沿いの湿地に立…

  7. 朝露キラリ・紅しじみ

    小っちゃな露玉を宝石のように散りばめた紅しじみとエノコログサ・・と書いた…

  8. 雨上がりの鳥屋野潟

    福島潟へ向かう途中に雨。行き先変更で上沼橋からの鳥屋野潟を撮ることにした。「…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。