黄色い水仙と青空

菜の花の黄色いじゅうたんが目を引くなか、岸辺にポツンな水仙を見つけた。空が青かったので、寝転がってそれを背景にとりいれてみた。

普段は自家製レフ板を持ち歩いているがこの時は車の中。取りに行こうか一瞬迷いましたが、面倒なのでそのままパシャリ。

GRⅡはレンズが35ミリカメラに換算して28ミリ相当の広角単焦点。マクロモードでググッと寄ると背景が思いのほか広がる。

私のような「マクロ撮影は中望遠レンズに決まってる!」的偏屈オヤジにはこの広がりはややっこしい。

馴染みの薄い空間域をどう処理するか迷うのだ。

でも空なら別だ。

花をアップに、重なりに注意し奥行きを出してみた・・と書きたいところだが、どうしても花が重なってしまう。カメラ位置をずらすと枯れ枝が入ってくるし!

オイラは雨男か

こののち関川村鷹巣キャンプ場へカタクリの花を撮りに向かった。雨、霰に風!天気は長続きしない。撮影どころでない。

向こうで待ち合わせしたM氏は憔悴しきった顔つきで立っていた。

昼近くには新潟に戻る。

やけ酒を飲む。

外を望む。

・・・・?・・とんでもなく良い天気!

ふて寝するしかない!

写真は今日6日撮影  福島潟にて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

鳥屋野潟の目覚め

朽ちて 尚も匂い立つ 椿かな

関連記事

  1. 福島潟 黎明

    三日月、金星、スピカ?の撮影後も湖畔で待機。上空はいつのまにか雲が消…

  2. 草葉の陰

     撮影日が確か9月22日祝日だったと記憶する。福島潟で凡庸な朝焼けを撮影後、…

  3. 靄る福島潟・迷惑男と遭遇したの巻

    2016年3月5日(土)撮影 真夜中に目が覚めてしまいました。外に出て空を仰…

  4. ん?・・

    丈の低いタカアザミの花は上を向く。背丈が低いと言うことは、滴輝く大地…

  5. 早朝の福島潟

    “作画”していない素の福島潟の朝焼け。5月21日に撮影してま…

  6. 紅露草

     昨日と違って今朝の福島潟はそれなりに赤く染まってくれました。ギャラリーはオ…

  7. 花になれ

     花になってくれ~、一輪の花、頼むからなってくれ~・・!オイラの想いが伝わっ…

  8. 北風と太陽・Rollei Retro 80S

    Rollei Retro 80S Ai-Micro Nikkor 55f2.…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。