梅の蕾

先月27日に撮影した鳥屋野潟の紅梅。

ほころびかけた蕾はパンパンに膨らんで今にも弾けそう。

蕾はその言葉の響きから可憐で控えめな美しさを連想させますが、この蕾を見る限りみなぎる躍動をなんとか抑え込んでいる姿に映るのです。

曇っていて風もあって冷たい日でしたが写真に収めてみた(二日後の土曜日に様子を見に来たら満開どころか一部の花弁は茶色く廃れていた)。

写真の背景は枯芝。

久しぶりのマクロ撮影です。

そのせいか、ピントがなかなか合わせられない。ピントが合ってるのか合っていないのかが判らなくなるのです。

加齢のせいかもしれませんがピントリングを回しているうちに「いったいどれがホントのピン?」となるのですね。

今回に限らず、被写体と向かい合う時間が長ければ長いほど起こり易いですね。たぶん私だけじゃないと思います。

不安になってくるのでしょう。それで何枚も重ね撮りする。

けれど現像が出来上がってきてスリーブをチェックすると案外最初に撮ったカットが一番良かったりするものなんです。

これもそうでした。

RVP100 Ai-Micro Nikkor 105 f/2.8s NikonF3  鳥屋野潟

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

日の出前・福島潟

落ち葉は何処へ流れ着くのだろう

関連記事

  1. 令和の時代・初日の出

    「5月1日の日の出」と言うことで令和の時代一発目の朝日です。「今日も朝焼け…

  2. モンシロチョウ

    2015年10月12日(祝)撮影雲行きが怪しくなって、風が出てきた。…

  3. ちょっとだけよ/鳥屋野潟

    20日5時19分の鳥屋野潟(とやのがた)です。何とも言えない…

  4. 燃える帯雲・鳥屋野潟

    RICOH・GRⅡ(15/5/2020)久々、ん・・? こんな朝焼けは久…

  5. 鳥屋野潟銀河

    GRⅢ銀河を真横から見るとこんな感じでしょうか。宇宙空間に横とか縦と…

  6. パッチワーク

    「まるで、パッチワークだ」「やっと見つけた・・」落ち葉の広場…

  7. 嵐の予感・鳥屋野潟

    RICOH・GRⅢ身内の許しを頂いたこと、現像時、水洗いの水温調整に目途…

  8. 鳥屋野潟・日の出

     写真は今月12日に撮影した鳥屋野潟の日の出。今日18日、仕上がりを取りに行…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。