梅の蕾

先月27日に撮影した鳥屋野潟の紅梅。

ほころびかけた蕾はパンパンに膨らんで今にも弾けそう。

蕾はその言葉の響きから可憐で控えめな美しさを連想させますが、この蕾を見る限りみなぎる躍動をなんとか抑え込んでいる姿に映るのです。

曇っていて風もあって冷たい日でしたが写真に収めてみた(二日後の土曜日に様子を見に来たら満開どころか一部の花弁は茶色く廃れていた)。

写真の背景は枯芝。

久しぶりのマクロ撮影です。

そのせいか、ピントがなかなか合わせられない。ピントが合ってるのか合っていないのかが判らなくなるのです。

加齢のせいかもしれませんがピントリングを回しているうちに「いったいどれがホントのピン?」となるのですね。

今回に限らず、被写体と向かい合う時間が長ければ長いほど起こり易いですね。たぶん私だけじゃないと思います。

不安になってくるのでしょう。それで何枚も重ね撮りする。

けれど現像が出来上がってきてスリーブをチェックすると案外最初に撮ったカットが一番良かったりするものなんです。

これもそうでした。

RVP100 Ai-Micro Nikkor 105 f/2.8s NikonF3  鳥屋野潟

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

日の出前・福島潟

落ち葉は何処へ流れ着くのだろう

関連記事

  1. 8月最終の朝焼けに僕だけの時間を楽しんだ・Ric…

    RICOH gr3x月末の朝焼けだ。早いもんで、今年はあと4ヶ月…

  2. 「夏越し」の夜明け・鳥屋野潟

    6月30日、1年の半分に当たる夜明けはこんな感じだった。年中行事の一…

  3. 「あやめ」「カキツバタ」「花菖蒲」ホントは何?

    鳥屋野潟公園8時過ぎ。かめ吉たんぼの池周辺であやめの撮影。「花菖蒲」「…

  4. 蛸足絞り・鳥屋野潟

    本日29日の鳥屋野潟。時刻は5時28分になります。手拭いの柄に【古典…

  5. 抜け殻に想う

    昨年夏の終わり頃から気になっていて、何度も様子を伺いに来ていた。なか…

  6. 寒そうな黄色いマンサク

    昨日から昼前から雪が本格的に降りだす。現在20センチ近い。昨日朝、な…

  7. 赤い実とカマキリの卵・いつの間にか秋が終わってい…

    2015年11月23日(祝)撮影いつの間にか秋が終わっていたんだな。…

  8. 極彩色な鳥屋野潟

    出勤前の鳥屋野潟の朝焼け撮影、なんとか食らいついてきましたが、そろそろ限…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。