足元の春・福島潟

かすかながらも小鳥のさえずりを耳にし、穏やかな水面を眺めていると自分が目にしている風景が別の次元であるかのような錯覚に陥っていく。

冬の寒さや冷たさをある意味享受した心と体は簡単にはその季節から抜け出せない。見慣れた風景なのにどことなくちぐはぐな感じを抱いてしまうはそのせいだ。

春はいつもそう。

気が付かないうちに足元にあって、気が付いたころにはその香りは大気中に充満し、霞となって漂っているのだ。

それで急に焦ってしまう。

あと何回春を感じるのだろうと思うと、感覚を研ぎ澄ませていなかった自分がひどくみすぼらしい。

春は常に反省から始まる。

RVP100 Ai-Micro Nikkor 55 f/2.8s NikonF3  2月下旬撮影  福島潟

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

迷宮入りはゴメンだ

合格祈願

関連記事

  1. 赤い蓋・福島潟

    そこには赤い絵の具をたくさん水に溶かし、トロトロにした雲で蓋をされた福島潟が…

  2. 空間と平面

    蓮畑の幾何学模様。風雪で折れ曲がり、朽ちた蓮の茎が思わぬ線画となって…

  3. 紋黄蝶になった紋白蝶

    RVP100 Ai-Micro Nikkor 105f/4 NikonF3 …

  4. 福島潟・夜明けの小舟 No.2

    Rollei Retro 80S Ai-Nikkor 24f2.8s Nik…

  5. 霜そして陽の光

     平地でも早朝、霜が降りているのを見かけるようになった。撮影中、体が冷えてき…

  6. ツバメシジミ

    2015年7月18日(土)撮影雨上がりの福島潟にきてみました。約一ヶ…

  7. 静かな夜明け

    2015年12月23日(祝)撮影 たなびいたすじ雲が少しずつ朱色に染まり出す…

  8. 朝靄の中

    「気持ちいいぞ、ホレ・・こうやるんだ・・オープン!」・・左のドン「・・勘弁し…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。