足元の春・福島潟

かすかながらも小鳥のさえずりを耳にし、穏やかな水面を眺めていると自分が目にしている風景が別の次元であるかのような錯覚に陥っていく。

冬の寒さや冷たさをある意味享受した心と体は簡単にはその季節から抜け出せない。見慣れた風景なのにどことなくちぐはぐな感じを抱いてしまうはそのせいだ。

春はいつもそう。

気が付かないうちに足元にあって、気が付いたころにはその香りは大気中に充満し、霞となって漂っているのだ。

それで急に焦ってしまう。

あと何回春を感じるのだろうと思うと、感覚を研ぎ澄ませていなかった自分がひどくみすぼらしい。

春は常に反省から始まる。

RVP100 Ai-Micro Nikkor 55 f/2.8s NikonF3  2月下旬撮影  福島潟

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

迷宮入りはゴメンだ

合格祈願

関連記事

  1. タカアザミ・朝霜

    RVP100 Ai-Micro Nikkor 105f/4 NikonF…

  2. 赤い蓋・福島潟

    そこには赤い絵の具をたくさん水に溶かし、トロトロにした雲で蓋をされた福島潟が…

  3. 人知れず輝くカキドオシ

    撮影後に畦道を歩いていて、知らず踏みつけていたカキドオシ。目線を下に落とし…

  4. 冬の朝焼け

    冬至を過ぎて迎えた最初の日曜日、五頭山系の山の端が赤く膨らんだ。…

  5. 霧の中のハンノキ

    目前に湖面が迫るような位置に三脚を構えると腐った臭い。寄せる…

  6. 木舟

    2015年10月12日(祝) 撮影  太陽を画面に取り込んで作画するのが好き…

  7. 雪のない福島潟

    昨日12日、日の出前から此処に立ってました。暗闇の向こうから…

  8. 折り返しの朝・福島潟

    観る人によっては“凡庸な朝焼け”、しかし前日の夜明けを知る人にとっては“…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。