一人の時間 川の流れ

雪の積もった階段。そのフォルムは川の流れと感じた。

とうに夜が明けて遠くからは街の喧騒が風の流れにのって聞こえてきます(時折音が途切れるのは風の強弱や風向きのせいだろう)。

いっぽうで、いま自分が目にしている「川の流れ」は緩やかに曲がりながらもまっすぐにこちらに迫ってくるみたい。

同じ「流れ」でも風のそれは聴覚で、階段のフォルムは視覚さらに想像という薬味が加わって「川の流れ」と感じとっているわけですが、その同時進行的な感覚のゆらぎに包まれているひとときが実はものすごく大切な時間なんだと思えてきたのでした。

一人じゃなければ決して味わえない大切な感覚。

写真

人はどうであれこの写真、気に入っている。

この日は雪の公園内を散策するつもりでいたが、この撮影ですんごく満足したし、なんとも言えない充実した疲れを感じ、撮影後は足を伸ばすことなく家に戻った。

モノクロでなくカラーです。

RICOH GRⅡ  10日撮影 鳥屋野潟

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

白鳥は内股で歩く

ゴジラじゃなかった瀬波の恐竜

関連記事

  1. 寒雨

     最初に断っておくけど、作ってはいないからね。掲載前に女房殿が脇から覗き込ん…

  2. 鳥屋野潟・減感現像

    RVP100(-1減感) Ai-Nikkor 24f/2.8s NikonF…

  3. 姫が踊る

    小さな女の子が服を重ね着し、着飾った姿で踊っている・・・そんな風に見えたので…

  4. 年増のくちびる・ビッグスワン

    2015年9月16日(水)撮影 東の空が赤く染まり始めていました。雲が赤い波…

  5. 鳥屋野潟の日の出

    2015年4月19日(日)撮影 寝過ごした。福島潟へ行く予定だったが夜明け前…

  6. CRACK

    暦の上で『立春』を過ぎたこの時期が一番気温が下がるというけど、ホント…

  7. その名は「マサキ」

    午後、会社から戻り鳥屋野公園亀キチ清潟池に行く。「柾」の実の…

  8. 秋風

     フィルム写真には“落とし穴”がある。その場で撮影状況を確認出来ない分だけ“…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。