一人の時間 川の流れ

雪の積もった階段。そのフォルムは川の流れと感じた。

とうに夜が明けて遠くからは街の喧騒が風の流れにのって聞こえてきます(時折音が途切れるのは風の強弱や風向きのせいだろう)。

いっぽうで、いま自分が目にしている「川の流れ」は緩やかに曲がりながらもまっすぐにこちらに迫ってくるみたい。

同じ「流れ」でも風のそれは聴覚で、階段のフォルムは視覚さらに想像という薬味が加わって「川の流れ」と感じとっているわけですが、その同時進行的な感覚のゆらぎに包まれているひとときが実はものすごく大切な時間なんだと思えてきたのでした。

一人じゃなければ決して味わえない大切な感覚。

写真

人はどうであれこの写真、気に入っている。

この日は雪の公園内を散策するつもりでいたが、この撮影ですんごく満足したし、なんとも言えない充実した疲れを感じ、撮影後は足を伸ばすことなく家に戻った。

モノクロでなくカラーです。

RICOH GRⅡ  10日撮影 鳥屋野潟

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

白鳥は内股で歩く

ゴジラじゃなかった瀬波の恐竜

関連記事

  1. 赤銅色の朝焼け

     上沼橋へ行く。本日は面白い天気。こちら側は暗くて今にも雨。でも東側は雲が無…

  2. 燃える 鳥屋野潟

    写真は16日土曜日、出勤前に撮影している。この頃、台風18号は九州上陸を伺…

  3. 落ち葉のカタチ

    葉っぱのカタチ・・何に見えるかな?葉っぱの持ち主は?雪面に落ちた…

  4. 秋 サンシュユの実-2

    2015年9月23日(祝)撮影前回掲載した写真が午後のもので、これは朝…

  5. 鳥屋野潟のコムラサキ

    17日、夜明けの鳥屋野潟を撮影しようと出掛けたが雲が厚い。諦めて、そ…

  6. カツラの若葉

    2015年4月19日(日)撮影 日の出撮影後、そのまま鳥屋野潟公園へ直行です…

  7. ぼ~と雲を眺めてみれば・鳥屋野潟

    先月31日、日の出直前の空模様は良かった。朝焼けじゃなくて雲の表情な…

  8. 鳥屋野潟に浚渫船が現れた

    現像が出来上がってきたスリーブの中にこんな写真があった。殴り書きで暗号化し…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。