一人の時間 川の流れ

雪の積もった階段。そのフォルムは川の流れと感じた。

とうに夜が明けて遠くからは街の喧騒が風の流れにのって聞こえてきます(時折音が途切れるのは風の強弱や風向きのせいだろう)。

いっぽうで、いま自分が目にしている「川の流れ」は緩やかに曲がりながらもまっすぐにこちらに迫ってくるみたい。

同じ「流れ」でも風のそれは聴覚で、階段のフォルムは視覚さらに想像という薬味が加わって「川の流れ」と感じとっているわけですが、その同時進行的な感覚のゆらぎに包まれているひとときが実はものすごく大切な時間なんだと思えてきたのでした。

一人じゃなければ決して味わえない大切な感覚。

写真

人はどうであれこの写真、気に入っている。

この日は雪の公園内を散策するつもりでいたが、この撮影ですんごく満足したし、なんとも言えない充実した疲れを感じ、撮影後は足を伸ばすことなく家に戻った。

モノクロでなくカラーです。

RICOH GRⅡ  10日撮影 鳥屋野潟

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

白鳥は内股で歩く

ゴジラじゃなかった瀬波の恐竜

関連記事

  1. 音のしない鳥屋野潟

    8月中旬を過ぎ、日の出時刻が5時を過ぎた。夏至の頃に比べ、およそ40分も日…

  2. 秋色の風・鳥屋野潟

    仕事が忙しい。そうした状況を、頭を回転させたり柔らかくして、あたかも楽しん…

  3. これは? わからんなぁ・・

     殻が割れて中の実が覗いている・・それとも花が萎れて枯れ果てて、萼に抱かれて…

  4. 思い出せない朝焼け

    2015年5月23日(日)撮影・・かも 現像上がりのスリーブを透かして見るま…

  5. 燃える鳥屋野潟

    写真は5月21日、上沼橋の歩道上からの撮影。この週はもう1回、ドヒャ~とな…

  6. 潟すすき

    2015年9月22日(祝)撮影鳥屋野潟の朝焼けですが今回は秋…

  7. 春先の気候の変化は心の変調?

    マラソンに参加する選手、この寒さをどう耐えているんだろうな(17日の話)。…

  8. 泥と大地の調和

    2015年9月13日(日)撮影水と土の芸術祭2015 大矢り…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。