股下から水上バスが現れた

2日の土曜日、デジタル撮影前にフィルムで撮った萬代橋。

向こう側の川面、橋の股下から右へ流れた光のラインは水上バス・アナスタシア号?の灯りだろう。

レリーズをポチッと押している間シャッターが開きっぱなしの露光方法です。

光を遮るのは百円均一で買い求めた黒団扇。

これをレンズの前に翳した状態でレリーズし、団扇を持ち上げ露光させ、頃合いを見て団扇を下げて光を遮断し、レリーズを戻してシャッターを閉じる。

写真の出来はともかく、こうした一連の動作は真剣に対象と向かい合って写真を撮っているという自己満足の世界に間違いなく浸れます。

ところで水上バスが通過するなんて考えてもいませんでしたねぇ。こんな寒い時期に運行しているなんてことも。

あとでホームページ開いたら確かに夜間クルーズやってるのですね。

萬代橋をくぐって来る時に、偶然シャッターを押していたのでした(下げようとした団扇を持ち上げなおした)。

対岸の四角いクリーム色の建物はホテルオークラ。

土の臭い

今日11日朝のうち福島潟から山里辺りを彷徨きました。

寒いです。

ですが雲間から光が降り注いでくると雪面がキラキラ輝き、寒さを忘れて見入ってしまいました。

より強く見ようと目線位置をどんどん下げて地面スレスレにした時、冷たいながらも確かに土の臭いがした。

土は雪の下なのですが。

春が近づいているんだなぁと感じたのでありました。

RVP100 フォクトレンダー ULTRON 40f/2 SLⅡs NikonF3  2日撮影

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

雪の川

白鳥は内股で歩く

関連記事

  1. 都市過疎

    ACROS100Ⅱ Ai-Nikkor 24f2.8s+Y2 NikonF3…

  2. チャリ通途中の桐の花

    RVP100 Ai-Nikkor 180 f/2.8s ED NikonF3…

  3. 釣り糸かムチか、あのビロ~ンは一体・・

    浦島太郎の釣り竿から伸びた釣り糸か、それともムチとみるか。名…

  4. 路地裏・上古町

    ACROS100Ⅱ cosina voigtlander ultron 40…

  5. 波打ち際・小針浜

    KodaK T-MAX400 cosina voigtlander ultr…

  6. ファンネルマーク

    ACROS100Ⅱ Ai-Micro Nikkor 105f/2.8s Ni…

  7. 潮の匂い・浮き球

    RICOH・GRⅡコロナの影響で家の中にいることが多くなった。街…

  8. 魔除けな鉄格子

    Kodak T-max100 Ai-Nikkor 35f/2s NikonF…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。