股下から水上バスが現れた

2日の土曜日、デジタル撮影前にフィルムで撮った萬代橋。

向こう側の川面、橋の股下から右へ流れた光のラインは水上バス・アナスタシア号?の灯りだろう。

レリーズをポチッと押している間シャッターが開きっぱなしの露光方法です。

光を遮るのは百円均一で買い求めた黒団扇。

これをレンズの前に翳した状態でレリーズし、団扇を持ち上げ露光させ、頃合いを見て団扇を下げて光を遮断し、レリーズを戻してシャッターを閉じる。

写真の出来はともかく、こうした一連の動作は真剣に対象と向かい合って写真を撮っているという自己満足の世界に間違いなく浸れます。

ところで水上バスが通過するなんて考えてもいませんでしたねぇ。こんな寒い時期に運行しているなんてことも。

あとでホームページ開いたら確かに夜間クルーズやってるのですね。

萬代橋をくぐって来る時に、偶然シャッターを押していたのでした(下げようとした団扇を持ち上げなおした)。

対岸の四角いクリーム色の建物はホテルオークラ。

土の臭い

今日11日朝のうち福島潟から山里辺りを彷徨きました。

寒いです。

ですが雲間から光が降り注いでくると雪面がキラキラ輝き、寒さを忘れて見入ってしまいました。

より強く見ようと目線位置をどんどん下げて地面スレスレにした時、冷たいながらも確かに土の臭いがした。

土は雪の下なのですが。

春が近づいているんだなぁと感じたのでありました。

RVP100 フォクトレンダー ULTRON 40f/2 SLⅡs NikonF3  2日撮影

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

雪の川

白鳥は内股で歩く

関連記事

  1. 炎天下にグッタリ

    クソ暑くて日中、街中を出歩くのは酷というもの。ビールを飲ませてやるか…

  2. 街中の鳥居

    新潟市白山神社の鳥居、先月27日の撮影です。こんな天気が新潟の空にあ…

  3. 坊さんとモンブラン

    (写真を撮った8月30日は)未明に起きて近くの鳥屋野潟へ朝焼け撮影に出掛…

  4. rhythm・音の調べ

    内壁、高い位置にこんな幾何学模様みたいな。丸い穴は何だろう?…

  5. 苦のないネガ・支柱に思う

    ACROS100Ⅱ cosina voigtlander ultron40f…

  6. 朝焼けを白黒モードで撮ってみた

    新潟コンベンションセンター・朱鷺メッセ。今年最後の朝焼けはこ…

  7. ひかりもの

    ACROS100Ⅱ Ai-Nikkor 35f/2s NikonF3隣の…

  8. 銀行と街路樹

    断っておきますが、ココの銀行の回し者ではございません。ですから口座を開設…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。