憂鬱な朝焼け

なんてタイミングが悪いんだろう。

それまで前兆さえなかった便意が、これまた予想もしてなかった朝焼けの始まりと同時に起きたんだ(食べ物があたったわけでもない)。

デルレベルが急上昇していく。

緊急事態だ。

けれども、朝焼けが・・・。

さあ、どうする?

どこまで我慢できる?

なんとか我慢できたのはご覧の朝焼けまで。

即座に機材を撤収し、一目散にトイレを目指す。

見知らぬカメラマンがすれ違いざまに挨拶をくれたが、反応する余裕100%ナシ!

それでだ、結局、間に合わなかった。

トイレに駆け込んだその時に全てが終わったんだ。

ものすごい脱力感と開放感の中に自分がいる。

にも関わらず頭の中はこの朝焼けの続きを冷静に思い描いてるんだな。

『ちびまる子ちゃん』に登場する友蔵じいさんが大失態し、冷や汗タラタラからやがてはヘナヘナと気を失っていくのと同じライン上に自分がいるというのに。

これはノンフィクション。

続きは皆さん方が頭に浮かべたその映像でほぼ間違いない。

RVP100 Ai-Nikkor 35f/2s NikonF3  14日撮影

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

夜の萬代橋

全滅

関連記事

  1. 坊主頭とオオミズアオ

    雑記急に暑くなったし、スカッとしたいし・・それで、坊主頭にした。…

  2. 朝露とモンシロチョウ

     言い方は悪いが台風接近時の朝焼けは条件さえ整えば異常に赤く燃える・・そう考…

  3. 早朝の福島潟

    “作画”していない素の福島潟の朝焼け。5月21日に撮影してま…

  4. Rollei Retro80s・粗目雪と霜葉

    Ai-Micro Nikkor 55f2.8s NikonF3カメラの中…

  5. 草葉の陰

     撮影日が確か9月22日祝日だったと記憶する。福島潟で凡庸な朝焼けを撮影後、…

  6. 赤い蓋・福島潟

    そこには赤い絵の具をたくさん水に溶かし、トロトロにした雲で蓋をされた福島潟が…

  7. 鳥達の声、響き渡る福島潟

    前回訪問時(5月15日)と同じように綺麗な朝焼けでした。風は…

  8. 金平糖

    “金平糖”をイメージしてみた。この花玉なんかいいんじゃないかな。背景も花の輪…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。