憂鬱な朝焼け

なんてタイミングが悪いんだろう。

それまで前兆さえなかった便意が、これまた予想もしてなかった朝焼けの始まりと同時に起きたんだ(食べ物があたったわけでもない)。

デルレベルが急上昇していく。

緊急事態だ。

けれども、朝焼けが・・・。

さあ、どうする?

どこまで我慢できる?

なんとか我慢できたのはご覧の朝焼けまで。

即座に機材を撤収し、一目散にトイレを目指す。

見知らぬカメラマンがすれ違いざまに挨拶をくれたが、反応する余裕100%ナシ!

それでだ、結局、間に合わなかった。

トイレに駆け込んだその時に全てが終わったんだ。

ものすごい脱力感と開放感の中に自分がいる。

にも関わらず頭の中はこの朝焼けの続きを冷静に思い描いてるんだな。

『ちびまる子ちゃん』に登場する友蔵じいさんが大失態し、冷や汗タラタラからやがてはヘナヘナと気を失っていくのと同じライン上に自分がいるというのに。

これはノンフィクション。

続きは皆さん方が頭に浮かべたその映像でほぼ間違いない。

RVP100 Ai-Nikkor 35f/2s NikonF3  14日撮影

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

夜の萬代橋

全滅

関連記事

  1. 鉛雲

    前日投稿した『桃色雲』からわずか1時間後の景色がコレ。頭上の雲が溜まりに溜…

  2. 蓮・音色を重ねる

    今年の蓮は当たり。花茎はまっすぐで端正な姿だし、第一に色が良い。…

  3. ツバメシジミ

    2015年7月18日(土)撮影 雨上がりの福島潟にきてみました。約一ヶ月ぶり…

  4. 霜降・雨濡れとんぼ

     現像上がりのスリーブを陽に翳してみてもピ~ンとこない。「なんだ~ぁ これ?…

  5. 秋色 枯草色

    20日の福島潟。土手を覆う草むらの中を覗いてみると、トンボや…

  6. 福島潟・水鏡

    撮影の実際到着前から意識していた画角。50㎜標準レンズで撮影した。レンズフ…

  7. 晩秋の福島潟

    漁を終えた小舟が戻ってきたところを180ミリ望遠レンズで捉えてみまし…

  8. これもカマキリの卵なの?

     樹液がドロドロと流れ出て、寒風に晒され固まった?福島潟周辺のハンノキで見か…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。