愛らしいネジバナ

 ネジバナを撮る。午後、鳥屋野公園かめ吉田んぼの池にいく。
木道沿いの湿地に立派なネジバナが咲いていて、それに興味がそそられた。
ほかに多分ニガナとマンテマが咲いていたかな。
半夏生の様子見はすっかり忘れていた。
 ネジバナの花の付き方は何でネジなんだ?観察していて素朴な疑問が沸いてくる。
花も下から咲き出しているみたい。
ネジのようにグルリと花を付けるのは太陽光を浴びるための最終手段。
一つの花が日陰でうまく機能できなくても
違う角度で咲いている花のおかげで生命を維持できるため。
そして下から咲き出すのは単に根からの養分を真っ先に吸収できるから・・・
なんて勝手なことを考えた。
 花は小さくピンクの粒。これが背景の緑に実にマッチする。
露出がオーバーにならないように注意した。
田んぼ脇にもネジバナが沢山あったがこちらはすでに盛りを過ぎていた。
 RVP100 105Lens NikonF5

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

イトトンボのランデブー

夕焼け田んぼ

関連記事

  1. 豚雲と赤い夜明け

    2015年5月11日(月)撮影 夜明け前、ひんやりした大気が鳥屋野潟を覆って…

  2. 鳥屋野潟のコムラサキ

    17日、夜明けの鳥屋野潟を撮影しようと出掛けたが雲が厚い。諦めて、そ…

  3. 朝焼と空き缶

    2016年4月23日(土)午前4時40分撮影日ごろの習慣で目が覚める…

  4. 半ベソかいた鳥屋野潟

    デジカメやスマホは死ぬまで手にしない・・と、かなりの確率で思っていたが、フィ…

  5. 染まる鳥屋野潟

    台風12号が新潟から逸れた。ホッとしたが、テレビでその予想進路を知り、複雑…

  6. 北風と春陽

    陽の光が気になり出してきた。日の出時刻はいつの間にか6時半前…

  7. 薄化粧・鳥屋野潟

    RICOH・GRⅢ岸辺で鮒が動き出したツバメが湖面すれすれに滑空する…

  8. 燃える 鳥屋野潟

    写真は16日土曜日、出勤前に撮影している。この頃、台風18号は九州上陸を伺…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。