愛らしいネジバナ

ネジバナを撮る。午後、鳥屋野公園かめ吉田んぼの池にいく。

木道沿いの湿地に立派なネジバナが咲いていて、それに興味がそそられた。

ほかに多分ニガナとマンテマが咲いていたかな。

半夏生の様子見はすっかり忘れていた。

ネジバナの花の付き方は何でネジなんだ?観察していて素朴な疑問が沸いてくる。

花も下から咲き出しているみたい。

ネジのようにグルリと花を付けるのは太陽光を浴びるための最終手段。

一つの花が日陰でうまく機能できなくても違う角度で咲いている花のおかげで生命を維持できるため。

そして下から咲き出すのは単に根からの養分を真っ先に吸収できるから・・・なんて勝手なことを考えた。

花は小さくピンクの粒。これが背景の緑に実にマッチする。

露出がオーバーにならないように注意した。

田んぼ脇にもネジバナが沢山あったがこちらはすでに盛りを過ぎていた。

RVP100 105Lens NikonF5

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

イトトンボのランデブー

夕焼け田んぼ

関連記事

  1. きのこ一家

    2015年9月12日(土)撮影 『森のきのこ』撮影場所からわずか3,4㍍、三…

  2. 枯れ葉でしょうか いいえキタテハです

    2015年10月12日午後 撮影 セイタカアワダチソウの花にとまったキタテハ…

  3. 夜の終わり/鳥屋野潟

    依頼してから、なか一日でリバーサルフィルムの現像が出来上がった。早速…

  4. 雲のエッジが際立ってきた・鳥屋野潟がウユニ塩原に…

    この絵、25日の鳥屋野潟。雲の塊が左頭上にあって、「焼ける頃に湖面上…

  5. 草むらを抜けて眺めた鳥屋野潟にどことなく太古の息…

    三脚を体に対し水平(十字クロス)に横持ちし、葦原の中を進んでいく。モ…

  6. その名は「マサキ」

    午後、会社から戻り鳥屋野公園亀キチ清潟池に行く。「柾」の実の撮影。…

  7. 薄明・ちょっとこの光は神々しいです その場に居合…

    ねずみ色の絵の具を流し込んだような雲が全天に拡がって、「今日の朝焼けも期…

  8. ReversalFilm NikonF3 

    夜明けの炎雲

    鳥屋野潟を望む上沼橋に立つと頭の中を風がすり抜けていくようになった。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。