愛らしいネジバナ

この記事は1分で読めます

 ネジバナを撮る。午後、鳥屋野公園かめ吉田んぼの池にいく。
木道沿いの湿地に立派なネジバナが咲いていて、それに興味がそそられた。
ほかに多分ニガナとマンテマが咲いていたかな。
半夏生の様子見はすっかり忘れていた。
 ネジバナの花の付き方は何でネジなんだ?観察していて素朴な疑問が沸いてくる。
花も下から咲き出しているみたい。
ネジのようにグルリと花を付けるのは太陽光を浴びるための最終手段。
一つの花が日陰でうまく機能できなくても
違う角度で咲いている花のおかげで生命を維持できるため。
そして下から咲き出すのは単に根からの養分を真っ先に吸収できるから・・・
なんて勝手なことを考えた。
 花は小さくピンクの粒。これが背景の緑に実にマッチする。
露出がオーバーにならないように注意した。
田んぼ脇にもネジバナが沢山あったがこちらはすでに盛りを過ぎていた。
 RVP100 105Lens NikonF5

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて

NikonF5にFUJIFILMのRVP100詰めて、「ホントはデジタルカメラも良いんだけど」、という素振り一つ見せずアナログ道を突き進んでいる。 身近な自然をテーマにしているが、これは裏を返せば遠くへ出掛ける経済的余裕が無い事を言っているのに等しい。 そんなヘンテコ親父の撮影日記です。

アーカイブ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。