愛らしいネジバナ

 ネジバナを撮る。午後、鳥屋野公園かめ吉田んぼの池にいく。
木道沿いの湿地に立派なネジバナが咲いていて、それに興味がそそられた。
ほかに多分ニガナとマンテマが咲いていたかな。
半夏生の様子見はすっかり忘れていた。
 ネジバナの花の付き方は何でネジなんだ?観察していて素朴な疑問が沸いてくる。
花も下から咲き出しているみたい。
ネジのようにグルリと花を付けるのは太陽光を浴びるための最終手段。
一つの花が日陰でうまく機能できなくても
違う角度で咲いている花のおかげで生命を維持できるため。
そして下から咲き出すのは単に根からの養分を真っ先に吸収できるから・・・
なんて勝手なことを考えた。
 花は小さくピンクの粒。これが背景の緑に実にマッチする。
露出がオーバーにならないように注意した。
田んぼ脇にもネジバナが沢山あったがこちらはすでに盛りを過ぎていた。
 RVP100 105Lens NikonF5

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

イトトンボのランデブー

夕焼け田んぼ

関連記事

  1. 縦位置にしたら「男鹿半島」が見えたような

    8月3日の鳥屋野潟ですね。右側(南)からジワジワ攻め込んでく…

  2. 半ベソかく前の鳥屋野潟

    先月21日に掲載した『半ベソかいた鳥屋野潟』の数分前にリバーサルフィルム…

  3. ピンクのヘビ

    2015年7月5日(土)撮影かめ吉田んぼ脇の湿地にネジバナが咲き…

  4. ロウバイ・雫花

     雨脚が弱まって、しばらくしてロウバイの花を撮影してみました。花びらから滴り…

  5. 雨雲の下層面ってこんな凸凹?

    8日、鳥屋野潟の夜明けですね。こちらはリバーサルフィルム。コ…

  6. 深緑と江戸紫

     葉の色艶や高貴な色合いの紫玉、加えて煩雑な枝が映り込まないとなると、何とし…

  7. 夏の名残

    蝉の抜け殻が枯れ葉と一緒に風に揺れている。夏が名残惜しそうに…

  8. デジカメと親父的思考

    おったまげましたねぇ~写真の四隅が黒く沈んで見えますね。これはレンズの性…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。