だ~れもいない

7日を境に一気に寒くなっちまった。

急激な気温の変化に体がついていけない。

肌着の中の皮膚は衣擦れでヒリヒリするし、むき出しの頭皮はカサカサ。

おまけに体が前のめりに。

手足を何かにぶつけると、極端に痛く感じるし。

なんだか、寒さと共に”老い”が加速した気がしないでもない。

娘の使用する保湿剤を顔に塗りたくると、ちょっとはシットリとなって、鏡に映った己の顔がいくらか若返って見えてくるのだが、どうやらそう感じているのは自分だけみたいだし。

写真は8日、直江津の海岸。車の中から撮った。

風が強くて、波がゴワ~とやって来て、砂浜をゴチャゴチャ洗っていく。

雲間から陽の光が漏れて、海を照らす時があるんだけど、その光さえのみ込んでしまう暗い日本海でありました。

だ~れもいない。

RICOH・GRⅡ 直江津海岸にて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

不動という事

予期せぬ朝焼け・福島潟

関連記事

  1. “縄文田んぼ”に朝がきた

    今日26日は待ちに待った日曜日。娘は昨日の"音髭”を飛び跳ね…

  2. チョウトンボ

    的を射た名前である。蝶みたいな蜻蛉だ。忙しくない程度に翅をヒ…

  3. オイラも撮ってケロ!

    2016年4月下旬の撮影林の中の小径、腹這いでイワカガミを撮…

  4. 葉陰のヨシゴイ

     ”瓢湖”と言えば冬の使者”白鳥”をイメージしたくなるが夏鳥達の楽園でもあり…

  5. もののけ・モミジ様に誓った一言は

    RVP100 Ai-Micro Nikkor 105f/4 NikonF3…

  6. 白花カタクリ

     白花カタクリ   カタクリを撮影していてファインダーから目を離し立ち上がっ…

  7. ルリタテハ / 翅裏は・・?

    タテハ蝶の仲間、ルリタテハ。表の翅は濃紺の下地に瑠璃色のラインが鮮烈なま…

  8. 土筆とバッタ

    2016年4月16日(土)撮影/新発田市・滝沢 民家の裏山、四方が小高い丘に…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。