不動という事

私事で8,9の両日は上越にいたのでした。高田と直江津の中間辺りをうろつく。

時雨の中、上杉謙信公の菩提所である林泉寺に出向いてみた。

開門を待って、山門をくぐろうとして立ち止まった。

両脇の仁王像なんですが、あの睨み顔を見たら一寸と前に進めない。

凄みというか、迫力というか、それに天井には竜が対で描かれていて、ギョロンと此方を睨んでるし。

写真

仏師は直江津出身と聞いた。

向かって右の仁王像の足元に光が当たる。三脚が使えず、金網にカメラを押し付けて、ブレを軽減した。

寒さのあまり手が冷たく悴んで、なかなかシャッターが押せない。

RICOH・GRⅡ 9日撮影

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

茨の道の前で立ち止まる

だ~れもいない

関連記事

  1. カジカガエル

    夕暮れ迫る五頭山麓の清流沿い、カジカガエルの鳴き声が響き渡っていまし…

  2. アズマイチゲ

     3月29日、福島潟での撮影の後、鷹巣キャンプ場へ。約1年ぶりの訪問です。年…

  3. 八丁目のトンボ

    一丁目、二丁目、三丁目・・どこかの街の八丁目に生息していたから“ハッ…

  4. カメムシは本当に嫌われ者?

    カメムシが好きだ!なんて声高らかに公言する輩はどこかにいるのだろうが…

  5. 交尾中のヒメシジミ

    阿賀町・たきがしら湿原写真仲間がチラッと言っていたが、写真を撮っていると偶…

  6. ウツボ草

    花穂の姿形から武士が弓矢を入れたカゴ、つまり靫(うつぼ)に似ているこ…

  7. “隠れ帯”・子供バージョン

    コガネグモの子供が作る“隠れ帯”(白帯)と記憶している。大人になるとX JA…

  8. 白くないモンシロチョウ

    何じゃこりゃ?モンシロチョウにしては白くない。モンキチョウにしては黄色くな…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。