不動という事

私事で8,9の両日は上越にいたのでした。高田と直江津の中間辺りをうろつく。

時雨の中、上杉謙信公の菩提所である林泉寺に出向いてみた。

開門を待って、山門をくぐろうとして立ち止まった。

両脇の仁王像なんですが、あの睨み顔を見たら一寸と前に進めない。

凄みというか、迫力というか、それに天井には竜が対で描かれていて、ギョロンと此方を睨んでるし。

写真

仏師は直江津出身と聞いた。

向かって右の仁王像の足元に光が当たる。三脚が使えず、金網にカメラを押し付けて、ブレを軽減した。

寒さのあまり手が冷たく悴んで、なかなかシャッターが押せない。

RICOH・GRⅡ 9日撮影

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

茨の道の前で立ち止まる

だ~れもいない

関連記事

  1. 待ち焦がれる陽の光

    もう少しで踏みつけそうになった。ヤゴの羽化を探していて水辺をゆっくり…

  2. サンカヨウ・新潟県阿賀町

    光と戯れるサンカヨウの花

    紛れもないサンカヨウ(山荷葉)です。この花と出会うと「山の中…

  3. 高貴なカキドオシ

    2016年4月下旬撮影漢字にすると『垣通し』。垣根を…

  4. 真綿色の帽子とセーター

    ACROS100Ⅱ Ai-Micro Nikkor 105f/4 Nikon…

  5. 秋の終わりにアキノキリンソウ

    紅葉を忘れ、剥がれ落ちた木々の葉が浮かぶ池の畔は全てが枯茶。…

  6. 額紫陽花

     額紫陽花はアジサイの中でも日本原産です。当てた漢字は趣がありますね。小さな…

  7. 灰桜の猩々袴

     “袴姿で赤い顔”がショウジョウバカマ(猩々袴)の語源というらしいが“赤い顔…

  8. ゴジラじゃなかった瀬波の恐竜

    ゴジラだと思っていたが、ゴジラじゃなかった。ながらく眺めていたつもりでい…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。