不動という事

私事で8,9の両日は上越にいたのでした。高田と直江津の中間辺りをうろつく。

時雨の中、上杉謙信公の菩提所である林泉寺に出向いてみた。

開門を待って、山門をくぐろうとして立ち止まった。

両脇の仁王像なんですが、あの睨み顔を見たら一寸と前に進めない。

凄みというか、迫力というか、それに天井には竜が対で描かれていて、ギョロンと此方を睨んでるし。

写真

仏師は直江津出身と聞いた。

向かって右の仁王像の足元に光が当たる。三脚が使えず、金網にカメラを押し付けて、ブレを軽減した。

寒さのあまり手が冷たく悴んで、なかなかシャッターが押せない。

RICOH・GRⅡ 9日撮影

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

茨の道の前で立ち止まる

だ~れもいない

関連記事

  1. 見逃してしまいそうな春・カタクリ

    やばい、はやい、こわい!どんだけ地面から突き出ているんだろう?とその成長を…

  2. 翡翠

     以前掲載した翡翠の別バージョン。このまま押し入れの中で腐り果てて行く前に…

  3. 枯れ葉に萌黄色・フキノトウ

    RVP100 Ai-Micro Nikkor 105f/2.8s Nikon…

  4. 夏の夕暮れ時

    14日、夕暮れ時と言っても、まだ6時前のことですが、新発田(しばた)市の…

  5. 待合室の中でバスを待つ葛さん

    Kodak T-MAX100 Ai-Nikkor 24f/2.8s Niko…

  6. 大きく剥がす・氷の板

    ACROS100Ⅱ Ai-Nikkor 35f/2s NikonF3道を…

  7. 砂の惑星

    RICOH・GRⅢ石じゃなくて砂だね(コンクリートです)。寄せる波、…

  8. ギシギシに普通にぶら下がった紋白蝶の普通でないと…

    クソ暑い!(いま!今日!25日!)*冒頭写真は19日夏真っ盛…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。