不動という事

私事で8,9の両日は上越にいたのでした。高田と直江津の中間辺りをうろつく。

時雨の中、上杉謙信公の菩提所である林泉寺に出向いてみた。

開門を待って、山門をくぐろうとして立ち止まった。

両脇の仁王像なんですが、あの睨み顔を見たら一寸と前に進めない。

凄みというか、迫力というか、それに天井には竜が対で描かれていて、ギョロンと此方を睨んでるし。

写真

仏師は直江津出身と聞いた。

向かって右の仁王像の足元に光が当たる。三脚が使えず、金網にカメラを押し付けて、ブレを軽減した。

寒さのあまり手が冷たく悴んで、なかなかシャッターが押せない。

RICOH・GRⅡ 9日撮影

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

茨の道の前で立ち止まる

だ~れもいない

関連記事

  1. Catch・カワセミ

     梅雨入り前の今頃か、知り合い数人と撮影したカワセミ。狙う相手はカワセミで、…

  2. 小さなスターマイン

    RVP100 Ai-Micro Nikkor 105f/4 NikonF3 …

  3. 八重のドクダミ

    RICOH・GRⅢ写真は6月6日、実家前の大輪寺境内で撮影してる。本…

  4. 世界地図・キタテハ翅裏夏物語り

    クヌギの樹液をチュウチュウしていたはずのコムラサキが目を離した隙に忽…

  5. アジアイトトンボの若娘

    今朝は今季最高の朝焼けが観られた。5段階評価の“通信簿”に喩えるならば“4…

  6. ラッシュ

     今日9日は振り替え休日で早朝は福島潟へ行ってきた。予報では確実な晴れで、…

  7. 今年も咲いてくれた・羽黒の妖精

    おそらくは人が植えたのだろうけど、少なくとも昨年確認したその場所で今…

  8. モゾモゾ

    蝉の幼虫。僕の生まれ育った新潟県下越旧中条町では、蝉の幼虫をモゾモゾ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。