カール雲

 お馴染み、家の前、田んぼからの夕焼け空です。
道路脇の歩道上から田んぼと民家の家並みを配したカットは
様々なアングルで数多くありますが、夕焼けはその方角から
ここからの眺めにこだわってきました。
 この春先、2反ある田んぼのうち学校田を残し1反は消滅。
いずれ宅地化されると判りましたが、工事がもう始まった。
ならば、夕焼けが望める直前まで撮影しようかな・・なんて
考えていたが6月3日、道路脇にネットが張られたのです。
そんなわけで定点からの夕焼け撮影は出来なくなりました。
 掲載写真は昨年、5月下旬に撮影した一コマ。
カラッと澄んだ大気にカール雲。冷たい風が吹いているのかな。
下部に学校田が映ってます。
 過去記事 初掲載  RVP100 35㍉ NikonF5

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

”グローリー・モーニング”

時候雑記-4

関連記事

  1. 餅雪

    フェアバンクスの雪は、空から地上へと、梯子を伝うようにいつもまっすぐ降り…

  2. 夕焼け田んぼ

    会社から必死の形相?で自転車こいで戻る。「田んぼに行く。夕日!」と女房に伝…

  3. 夏の田んぼ

     自転車で戻って来て家に入る前に目撃した光景。真っ青な空、白い雲、まぶしい緑…

  4. 学校田にて 小学生がつくった案山子

     学校田の案山子です。刈り取り間近になると5,6体の案山子がお目見えします。…

  5. 生コンと青田

    2015年7月中旬撮影初夏から盛夏へと移り変わる頃、青田が乾いた風に揺れて…

  6. また一つ 田んぼが消える

    2015年5月下旬か6月上旬手前は鳥屋野小の学校田。田植え後すくすく育つ早…

  7. ラジオ体操の夏 朝露

     夏の朝日は好きだ。涼しいから好き。一日の始まりだから好き。これが休日ならも…

  8. たわわに実る稲穂

     夕方、稲穂を撮る。たわわに実った稲穂だ。明日は小学生による稲刈りがある。恒…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。