夜明け・福島潟

島崎藤村の名作『夜明け前』の書き出しを回想しつつ、次第に浮かび現れる景色を撮ろうとしたんだが、やっぱり、無理があるなぁ~。

今日は昨日よりは霧が出た。

出るだろうと予想していたから、リベンジとばかりに鼻息荒く岸辺に立った。

しかし潟の奥のほうばかりで、肝心要の岸辺はチョロチョロ。

垂れ込めた霧が足元の草木やロープ柵、さらには湖面に浮かんだ老廃物まで覆い隠してくれれば・・などと期待したのですが、残念!無念!

左下のゴチャゴチャが写り込まない程度にと暗めの露出にしたのだが、作為的な雰囲気がプンプン漂う写真になっちまった。

どうもタイミングが合わないなぁ~

RICOH・GRⅡ  4日撮影 福島潟

NikonF3

ファインダー内のプリズム“網膜剥離”で入院治療中だった愛機が連休前に退院した。

低温下での露出値のバラツキを機にオーバーホール、その後はコマ間隔の不均一、そして今回の症状などで家に居る事がほとんどなかった。

今日はコンデジでご覧の写真を撮った後にフィルムで朝露に濡れたトンボをかなり本気モードで撮ってみた。

デジカメの露出値は覚えていないのに銀塩カメラだと完璧に思い出せるんだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カマキリの横睨み

葉っぱのピアノ

関連記事

  1. タカアザミの終い花と蝶

    Kodak T-MAX100 Ai-Micro Nikkor 105f/4 …

  2. 発射台・カノコガ

    歩を進める一足ごとに地面や草むらから沸いてくる。沸いてはせいぜい膝頭…

  3. 土筆と朝露

    2016年4月16日(土)撮影 福島潟二王子岳や五頭連峰の端がジュワ…

  4. 目覚め・紋黄蝶

    黄色い蝶ならモンキチョウとキチョウで、福島潟では普通に目にすることが出来る。…

  5. 霜花

    昨日は多くの方から励ましのコメントやメッセージを頂き、有り難うござい…

  6. 夜明け待つ秋茜

    トンボ・・って縁起担ぎの虫であること知ってました?「前にしか進まない…

  7. 車輪

    撮影の実際福島潟にて撮影した。小径に沿って密集している。黄色い花がやけに目…

  8. 陽だまりイナゴ

     本日26日は健康診断、自身の眼病定期検診と合わせたから会社を休んだ。午前中…

コメント

    • くわたろう
    • 2018年 11月 05日

    こんばんは
    私も連休の朝は福島潟。昨日は霧が深そうだったので地表は諦めて雁晴れ舎の屋上です。
    霧で鳥撮りの人は残念がっていましたが幻想的でいい眺めでした。
    2日間で沢山撮ったので整理が追いつかずバテ気味です。

    • 陽が昇ってから、その脇でウロウロしてました。
      枯蓮の近くで朝露トンボを撮ってたら、そこにカワセミがとまって・・
      久しぶりにドキドキしたなぁ~
      写真には撮れませんでしたが、息遣いを感じるほど間近に観て興奮しました。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。