ORANGE・BAND

公園の樹木や街中の木々が一斉に色付き始めたようだ。

標高の高い地域ではどんなだろう。

辟易した夏の暑さの名残を探そうにも見当たらない。

秋風が掃き清めてしまったようだ。

通勤自転車のハンドルを握る手も冷たくなって、手袋をするようになった。

風を切る音ももの悲しく、耳元にまとわりついてくる。

先日、一か八かで出勤前に鳥屋野潟の撮影に行った。

太陽はスタジアムを通り越して、より南(向かって右側)から上ってきそう。

湖面の奥や遠く空からは、時折白鳥をはじめとする冬鳥の声が聞こえてきた。

過ぎていく季節が一気に加速したようだ。

写真

16日に掲載した写真の数分前の姿。

地上近くの空や山の端がオレンジ色に染まりました。

オレンジ・バンドみたいに。

実はこの段階で撮影を一旦終えている。

車に戻る際、右側の雲の下面がボワ~と赤くなり出してきたのですね。

前回の写真はまた元の位置に引き返し撮影し直したものでした。

何度来ていても、分からないことだらけです。

だから面白いし、“飽き”が来ないのですね。目にする光景や感じる風はとっくに“秋色”になっているのに。

RICOH・GRⅡ f/5.6(ISO100)  16日撮影

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

午前5時48分の鳥屋野潟

寸光

関連記事

  1. 雨上がりの鳥屋野潟

    福島潟へ向かう途中に雨。行き先変更で上沼橋からの鳥屋野潟を撮ることにした。「…

  2. “出勤前の朝焼け撮影”今季最終コマ

    本題に入る前にちょっとした話です。知り合いが韓国滞在中にスマ…

  3. 赤い太陽

    2015年5月29日(金)撮影赤い太陽を撮影しても、うまくい…

  4. おどろおどろしい朝焼け

    2015年8月25日(火)撮影台風の影響の出始めと終わりは天…

  5. 水面色づく鳥屋野潟の夜明け

    先月27日の写真になります。「燃えさかる」朝焼けではありませんでしたが、水…

  6. 湖上の白鳥

    寒波の襲来で15日早朝は鳥屋野潟が凍り付いていました。園内で雪面の陰影を撮…

  7. ぼ~と雲を眺めてみれば・鳥屋野潟

    先月31日、日の出直前の空模様は良かった。朝焼けじゃなくて雲の表情な…

  8. 夏の名残

    蝉の抜け殻が枯れ葉と一緒に風に揺れている。夏が名残惜しそうに…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。