タカアザミの花芽の下で

タカアザミの花芽を毛布代わりに一夜を過ごしたモンシロチョウ。

撮影日は23日。

福島潟の夜明け前は気温が下がって、ちょっとした霧が出た。

でも朝焼けは稜線上の雲が邪魔してサッパリ。

それで、被写体探しに彷徨っていた時に出会ったのでした。

最初は逆光で撮影してましたが、私の背後、つまり順光側の草むらに色がのってきたので、立ち位置をガラリと変えてパシャパシャしたのでした。

陽の光がまわってくると、モンシロチョウは体が温まってきたのか、やんわりですが手足を動かし始めました。

「ちょっと、じっとしてくれ~」

念力を送りながら撮影したのでした(コマの最後の方ではモンシロチョウはもっと上に移動している)。

タカアザミの花芽が重ならないように注意しています。

カレンダー

Facebookで知り合った(まだ直接会ってはいませんが)齋藤 博さんの作成したカレンダーを先日注文し、早くも本日届いた。

『宙(そら)めぐり』と題したそのカレンダーには写真の他に日の出入り、月の出入りの時間も365日全て記されていてビックリ。

これはいい。

あまりにも値段が安い・・そんな気もしないでもない。

RVP100 Ai-Micro Nikkor 105 f/4s NikonF5  福島潟

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

どちらも高くて 手が届きません・・

蛸足絞り・鳥屋野潟

関連記事

  1. 夜明けの霧潟

    福島潟は霧の中。遠く山の端も、手前の野焼き後の黒ずんだ大地も…

  2. 霧の中のハンノキ その2

     さらに霧のハンノキをもう1枚。前に掲載した写真の数分前に105ミリレンズで…

  3. 1時間と5分

    レンズはマニュアル、露出値もマニュアル、記憶媒体はフィルム、トリミングもしな…

  4. 朝露トンボ

    2015年9月21日(祝日)撮影コフキトンボと言うらしい。シオカラト…

  5. 燃えない山の端

    既出の『藤色の夜明け』後、「山の端が燃えてくれぇ~」と願っていましたが、遠く…

  6. 霧の木

    Kodak T-MAX400 Ai-Micro Nikkor 105f/4 …

  7. 夜明けの岸辺

    闇の中で大地に蓋をするように漂っていたのは放射霧だった。その中を通って湖畔…

  8. 春霞

    病み上がりで、あんまり動けず、家の中で読書してました。「退院…

コメント

    • くわたろう
    • 2018年 9月 27日

    こんばんは。私もこの日、久しぶりに、福島潟のいつもの木の場所で撮影していました。
    カメラを2台セットしてインターバル撮影している間、アキアカネを探しましたが1匹も見つかりません。
    6時過ぎに切り上げて胎内に移動したら、アキアカネが沢山いて、まだ、里に移動するのはこれからなのだと知りました。少し前まで暑い暑いと思っていたのに、あっという間に涼しくなってきました。
    沢山のアキアカネが福島潟にやってくるのももうすぐでしょう。今年はどんな写真が撮れるか楽しみにしています。

    • おぉ、私、最初はそちらに居ました。
      その後、正面側に移動したのでした。
       この日見かけた生き物はこのモンシロチョウだけ。
      トンボの姿もなくトホホな気持ちになったのでした。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。