春霞のハンノキ

2015年5月2日(土)撮影
春霞の中、ハンノキの右隣に太陽が昇ってきました。
春特有の湿度のある大気が陽の光を集めて東雲色に染まっています。
太陽がある程度昇り、水面に映り込むまで、色合いが崩れなければ
良いがなと、少し気がかりでしたが何とか持ちこたえてくれた。
遠く山の端は春霞が色濃く、手前は澄んだ大気のせいなのかハンノキが
いつになくクッキリ見えました。
5月6日に撮影し23日に掲載した”ハンノキ赤く染まれ~!”は、これ
を撮影した4日後の姿です。一気に葉が茂りだしたのが判りますか?
草木の生長のはやさには目を見張ります。
RVP100 105㍉ NikonF5

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

東雲色の鳥屋野潟

清五郎の夕焼け

関連記事

  1. 凍える朝

     前述の掲載写真に続き、レンズを替えてパシャリ。持っているレンズは単焦点のマ…

  2. 露の花

    泥海に倒れかからんとする朽ち葉の隙間で季節外れの蓮の花が開いた。蓮畑…

  3. 充電中のツバメシジミ

    新潟市・福島潟 雲間から陽が射し始めると、ゆっくりと翅が開いていきます。逆に…

  4. 足元の春・福島潟

    かすかながらも小鳥のさえずりを耳にし、穏やかな水面を眺めていると自分が目にし…

  5. 翅を一杯に広げるベニシジミ

    翅を一杯に広げて陽の光を集めているのはシジミチョウの仲間、『ベニシジミ』。…

  6. 福島潟・水鏡

    撮影の実際到着前から意識していた画角。50㎜標準レンズで撮影した。レンズフ…

  7. 桃色雲

     コウホネを覆い尽くす勢いで広がったヒシは弱まる気配がなく、湖面の向こう側へ…

  8. 朝靄の中

    「気持ちいいぞ、ホレ・・こうやるんだ・・オープン!」・・左のドン「・・勘弁し…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。