春霞のハンノキ

2015年5月2日(土)撮影
春霞の中、ハンノキの右隣に太陽が昇ってきました。
春特有の湿度のある大気が陽の光を集めて東雲色に染まっています。
太陽がある程度昇り、水面に映り込むまで、色合いが崩れなければ
良いがなと、少し気がかりでしたが何とか持ちこたえてくれた。
遠く山の端は春霞が色濃く、手前は澄んだ大気のせいなのかハンノキが
いつになくクッキリ見えました。
5月6日に撮影し23日に掲載した”ハンノキ赤く染まれ~!”は、これ
を撮影した4日後の姿です。一気に葉が茂りだしたのが判りますか?
草木の生長のはやさには目を見張ります。
RVP100 105㍉ NikonF5

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

東雲色の鳥屋野潟

清五郎の夕焼け

関連記事

  1. 蓮の葉の上で考える・雨蛙

    100TMX Ai-Micro Nikkor 105f/4 NikonF3…

  2. 葉陰蝶・キチョウ

    燃える雲を撮影後、福島潟北側へ移動し、園路を歩いてみた。あの…

  3. 冬の暁

    気温−7℃まで下がった3日、夜明けの福島潟です。正面ゲートから歩いて…

  4. 冬雲

    福島潟の冬雲。晴れていたはずが冬雲が一気に押し寄せ、辺りが暗くなって、終い…

  5. そのまま・・動くなよ~

    陽が射して暖まってくると、飛び交う蝶が、やたら目に付いた。少…

  6. 蒼の福島潟

    夜が明けていく  朝の始まりは蒼一色静かな福島潟が広がってい…

  7. シンメトリーな福島潟

    「8時半までに帰って来て」と奥様にキツく言われたので、8時には自宅に着いた。…

  8. 染まる田んぼ

    撮影の実際3年前の5月上旬に撮影しています。福島潟“竜巻ハウス”駐車場脇の…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。