大きめのフキノトウ

2014年4月 関川村キャンプ場
 大地に春の訪れを告げてくれたフキノトウ。
様々な命が芽吹き、躍動を始める頃には、見向きもされなくなる。
「フキの写真、撮らねばだめだ」とあれだけ躍起になっていたのに。
 土手の斜面、西陽を受けて輝いていたところをパシャリと。
後ろのフキノトウも背景に溶け込ませて撮影してみました。
 雌株、雄株のどっちだろう?
 RVP100 55㍉ NikonF5

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

落ち葉とフキノトウ

オニグルミの雌花

関連記事

  1. 浜風・桃崎浜

    ACROS100Ⅱ Ai-Nikkor 24f/2.8s NikonF3…

  2. 長旅終えて・・?

    長旅を無事終えて瓢湖への着水を試みようとしているのかな。翼と両足をいっ…

  3. 樹木の根元は葉っぱ布団 サクサク フワフワなのだ…

    Ricoh gr3クヌギかな、イヌシデかな?林床は落葉で埋め尽くされ…

  4. 大杉の木の下の大きなショウジョウバカマ・Rico…

    RICOH・GRⅢ昨年は撮り損なった。頻繁に観察していたはずが、撮影当日…

  5. アケビの花

    RVP100 Ai-Micro Nikkor 105f/2.8s Nikon…

  6. ハッチョウトンボとGRⅢ

    RICOH・GRⅢでハッチョウトンボを狙ってみた。35㎜版換算で28…

  7. ウツボ草

    花穂の姿形から武士が弓矢を入れたカゴ、つまり靫(うつぼ)に似ていることか…

  8. 旧朝日村の田園風景 タチアオイが緑に映えていた・…

    Kodak T-MAX100 Ai-Micro Nikkor 105f/4 …

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。