鳥屋野潟 6月

2014年6月上旬撮影
 あんなに上沼橋へ通ったのに、掲載した鳥屋野潟の朝焼け写真が
少ない・・。と常々感じていたが、もう一度、昨年撮影分のポジを
チェックすることにした。すると何だろう、同じポジでも前回の拾い出し
と今回のそれとでは感じ方がかなり変化しているのに気づきました。
 「アレ?このカットどうして選ばなかったのだろう」というモノや
逆に「掲載した写真よりこちらのカットが良かったかも」というモノ
まで、様々出てきて、自分の選択方法に不安を感じるようになりました。
 プラス思考で「感じ方の変化は生長した証拠」と思えば良いのかな。
 鳥屋野潟の朝焼けに限らず、フキノトウの写真も数多く出てきて、
「こんなの何時撮ったのかな」「鷹巣キャンプ場のどの辺りで撮影
したものだったかな」と、ビュアーにスリーブを拡げるたび過去への
回想が始まるのです。だから再チェックはなかなか進みません。
 写真は日の出直後に撮影したもの。手前の葦原、先端部分には
野イバラの大きな株があるのですが、その花がまだ咲いていないから
5月末から6月上旬に撮影したことが判ります。撮影日誌は自分でも
判読できないような文字だから読み返すのも一苦労。
厳密な日時はあまり関係ないからいいや。
 空に団子状の雲が規則正しく並び始めて来て、その雲の輪郭が輝き
を増してきた時にパシャリ。雲を境に空の色が明るくなりました。
 この頃から、春特有の霞んだ朝が少なくなり、透明感ある朝焼けが
見られるようになりました。
 RVP100 35㍉ NikonF5

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

春霞の鳥屋野潟

落ち葉とフキノトウ

関連記事

  1. ん?終わり?・・な・朝焼け

    この写真は7月30日の撮影。雲がどんどん染まって拡がり、「左右や頭上までい…

  2. 着ている服までオレンジ色・鳥屋野潟

    写真はリバーサルフィルムで撮影した11日の鳥屋野潟。既に投稿…

  3. 消えたカマキリの卵

    2015年12月20日(日)撮影 ロウバイの林の中、カマキリの卵を幾つか見…

  4. 根開け

    家によくやって来る野良猫がゴロゴロニャ~と鳴くようになった。今年も子作りの…

  5. 鳥屋野潟・長雨のあと

    今日ようやく梅雨が明けた。その梅雨明けの日の朝を写真に収めよ…

  6. 冷たい青

    雪の積もった階段を斜め上から撮ってみました。段差のエッジラインや窪みが明る…

  7. 鳥屋野潟・紫の夜明け

    体験撮影日は6月18日 上沼橋から鳥屋野潟を望んでいる。阿賀町のたきがし湿…

  8. 赤と黒の鳥屋野潟

     藪の中で人影が動いているとなると間違いなく不審者扱いされる。4時前、出来る…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。