ねじの回転・ヘンリージェイムズ『ねじの回転』ではない

確かアメリカの小説家だったかな、ずっと昔の。その人が書いた本に邦題で『ねじの回転』と言うものがあった。

真面目な気持ちで読まなかったから、内容なんてすっかり忘れてしまった。

ただ『ねじの回転』という本の題名だけは覚えている。

だからかな、道端でネジバナを見かけると必ず「ネジの回転・・ネジの回転」と、反芻してしまう。

条件反射かも。

翻って、回転はどちら向きだろう?

反時計回りで捻れているみたい。

コレって、 右巻き? それとも 左巻き?

いったい、どっちなんだ?

撮影していて頭の中がグルグル回転していくのでありました。

写真

右真横から陽の光。左側に自家製レフ板を置いている。背後は山影。結構、目一杯にレンズを絞り込んでいる。

RVP100 Ai-Micro Nikkor 105 f/2.8s+PK13 NikonF3    7月上旬 阿賀野市

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

折り返しの朝・福島潟

大きさ10円玉・ハッチョウトンボ

関連記事

  1. 水面に弾ける春花火

    24日は未明に雨が雪に変わり、明けて辺り一面銀世界となった。けれども天気…

  2. 元日の雪・大輪寺

    ACROS100Ⅱ Ai-Nikkor 35f/2s NikonF3この…

  3. サンコウチョウのホイホイホイ、アカショウビンのキ…

    本日14日、胎内市関沢の森林公園にちょこっと寄ってきた。急に風向きが変…

  4. 花畑の一本道

    胎内市・長池の森公園、チューリプ畑に隣接した菜の花。昔は国道11…

  5. キアゲハの死なない生き方・一体なにが起きたのだろ…

    翅の下の方が欠損している。鳥などの敵にガブリとやられながらも、間一髪…

  6. スコップの背中

    ACROS100Ⅱ Ai-Nikkor 35f/2s NikonF3雪面…

  7. 花園ヨシゴイ

     昔写真藪の中を出たり入ったりしているうちに、トンネルが出来たのでし…

  8. シラネアオイ

    昔々、故郷の胎内市で撮影した。山の奥まった場所でサンカヨウやクリンソ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。