ねじの回転

確かアメリカの小説家だったかな、ずっと昔の。その人が書いた本に邦題で『ねじの回転』と言うものがあった。

真面目な気持ちで読まなかったから、内容なんてすっかり忘れてしまった。

ただ『ねじの回転』という本の題名だけは覚えている。

だからかな、道端でネジバナを見かけると必ず「ネジの回転・・ネジの回転」と、反芻してしまう。

条件反射かも。

翻って、回転はどちら向きだろう?

反時計回りで捻れているみたい。

コレって、 右巻き? それとも 左巻き?

いったい、どっちなんだ?

撮影していて頭の中がグルグル回転していくのでありました。

写真

右真横から陽の光。左側に自家製レフ板を置いている。背後は山影。結構、目一杯にレンズを絞り込んでいる。

RVP100 Ai-Micro Nikkor 105 f/2.8s+PK13 NikonF3    7月上旬 阿賀野市

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

折り返しの朝・福島潟

大きさ10円玉・ハッチョウトンボ

関連記事

  1. 浜風・桃崎浜

    ACROS100Ⅱ Ai-Nikkor 24f/2.8s NikonF3…

  2. アメリカコハクチョウ

     ギンギラギンに冷え込んだ翌朝、珍しく快晴です。湖面には薄く氷が張っていて、…

  3. この時期、紫と言えば カキツバタ?

    この時期、野山へ出掛けると、身の丈目線で『緑と紫』の取り合わせが絶妙…

  4. 稲穂とノビタキ

    過去写真 初掲載 稲刈りの時期を迎えると野鳥達の世界は”秋の渡り”を迎えます…

  5. ベニスズメじゃないベニスズメ

    こんな表題にしたせいで、ややこしや~。ここでお呼びでないベニ…

  6. Daddy Longlegs

    アメリカではこの御方を親しみ込めて“Daddy Longlegs”、…

  7. 慈雨・濡れアザミ

    しっとりと濡れた緑葉にアザミの花はギョロッとなるほど鮮烈で、明るい雨…

  8. 赤玉の嘆き

    阿賀町:たきがしら湿原『赤玉』という腹が痛む時に飲む薬があるが、あれと同じ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。