ハンノキ赤く染まれ~!・晴れた日の夜明けは地上付近が赤く染まる


2015年5月6日(水)撮影

4時福島潟着。日の出時刻が早まってきたため既に山の端が朱色に染まり始めています。土手に上がりハンノキのポイントへ向かう間も次第に赤くその濃さを増しています。

雲ひとつありませんが、春特有の湿度の高い大気が波長の長い赤色の光をより際立たせているようです。

岸辺に降りてハンノキを眺めると山際にかかる部分の根元付近、葦原の背後が一段と赤みを帯びてきました。いつになく美しく綺麗で、しばし見とれてしまいました。

ハンノキは芽吹きから1ヶ月が過ぎ、枝の若葉で一回り大きくなって見えます。

葦の背丈も伸びてきました。

RVP100 105㍉ NikonF5 ハスキー三段

[ad#co-1]

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

菖蒲(あやめ)・大阪万博の記念切手の図柄を思い出す

八重の散り際は華々しく・Ai-Nikkor35f2s&ポジ

関連記事

  1. 秋色 枯草色・露出設定に自信あったが結果は半ステ…

    20日の福島潟。土手を覆う草むらの中を覗いてみると、トンボや蝶が翅を…

  2. 冬の日本海側特有の空模様 こんな天気が続けば誰で…

    23日、午前7時前の撮影です。頭上の雨雲が次第に折り重なって厚みを増…

  3. タカアザミの終い花と蝶・蝶をモノクロフィルムで撮…

    Kodak T-MAX100 Ai-Micro Nikkor 105f/4 …

  4. 意地悪な雲 福島潟・マスター画像を消してしまった…

    上層雲のウロコ雲なのか、中層雲のヒツジ雲なのか、どっちでもよいのですが、…

  5. モンシロチョウ・猫じゃらしが彼女のお宿なのかな、…

    NHKの番組『全力失踪』に嵌まってしまった。設定が自分の過去とちょっ…

  6. 枯れトンボ・逆光シルエットで晩秋朝の雰囲気だして…

    2015年10月上旬 撮影10月に入ってからフィルムの消費が一気に伸び…

  7. これもカマキリの卵なの?・正式には卵鞘(らんしょ…

    樹液がドロドロと流れ出て、寒風に晒され固まった?福島潟周辺のハンノキ…

  8. 蓮墓標・撮影後にカメラの中にフィルムがなかった時…

    このところ、凡ミスが多い。昨日21日夕方は田園(たんぼ)と夕焼けやお月…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。