ハンノキ赤く染まれ~!

2015年5月6日(水)撮影。

4時福島潟着。

日の出時刻が早まってきたため既に山の端が朱色に染まり始めています。

土手を駆け上がりハンノキのポイントへ向かう間も空は刻々と赤く、その濃さを増していきますから、焦ってしまいました。

雲ひとつありません。

春特有の湿度の高い大気が波長の長い赤色の光をより際立たせているのでしょうか。

岸辺に降りてハンノキを眺めると山際にかかる部分の根元付近、葦原の背後が一段と赤みを帯びてきました。

いつになく美しく綺麗で、しばし見とれてしまいました。

ハンノキは芽吹きから1ヶ月が過ぎ、枝の若葉で一回り大きくなって見えます。葦の背丈も伸びてきました。

 RVP100 105㍉ NikonF5 ハスキー三段

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

菖蒲(あやめ)

散り花

関連記事

  1. 夜が割れていく

     夜が割れていく時間がやってきました。肉眼では捉えられないような星々の流れや…

  2. 抜け殻はエイリアン

    虫に詳しいKさん曰く「オオヤマトンボの抜け殻かもしれない」と。オ・オ・ヤ・マ…

  3. 朝露とモンシロチョウ

     言い方は悪いが台風接近時の朝焼けは条件さえ整えば異常に赤く燃える・・そう考…

  4. 春霞のハンノキ

    2015年5月2日(土)撮影春霞の中、ハンノキの右隣に太陽が昇ってきま…

  5. 枯れトンボ

    2015年10月上旬 撮影10月に入ってからフィルムの消費が一気に伸び…

  6. タカアザミ・朝霜

    RVP100 Ai-Micro Nikkor 105f/4 NikonF…

  7. 出るかぁ~どうだぁ

     まさしく、題名の通り、日の出の瞬間です(4時半ぐらいかな)。ホントはもっと…

  8. 冬の暁

    気温−7℃まで下がった3日、夜明けの福島潟です。正面ゲートから歩いて…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。