コバンソウの素顔

朝陽に透けるコバンソウの実を撮ってみた。

花が付いている個体を探したが見当たらない。

既にその時期を過ぎてしまったのだろうか。現在は、道端で茶褐色で枯れたような実を付けたコバンソウをよく見る。

アレは雑草として除草薬を散布されたせいか、それとも自然と枯れていったのか、よくわかりません。

コバンソウについてネットで調べてみると、明治の時代に外国から観賞用に持ち込まれた帰化植物・・なんて書かれていたんで、意外でした。

コバンソウは漢字で書くと「小判草」。

見た目は小判の形だ。だから、もっと時代を遡った頃から日本にあったと考えていたのでした。

陽に透けているせいですが、こんな模様が付いていたのですね。

それと、「どうして一方向だけに垂れ下がるのだろう」との疑問が沸いてきた。

茎を芯にして両方に垂れ下がれば、バランスがとれていいんじゃないの・・本気でそう思っている。

茎みたいなものがあまりのも細すぎるから、実の重さに耐えられないのだろう。こんな状態で風に吹かれ続けていれば、さぞ疲れるんじゃないの・・なんても。

命あるものは全て生き延びていくために進化していると言われる。

だから小判草の細すぎる茎も、数万年、数十万後にはより太く、もしかすると木質化し、実の成る方向も一方ではなく、放射状にバランスよくぶら下がっているか、実自体が細い茎に対応するよう、より小さくなっている・・などと、とんでもない想像をしてしまうのでありました。

RVP100 AI Micro-Nikkor105 f/2.8s NikonF5   鳥屋野潟公園 5月下旬撮影

上沼橋・・地に落ちた?

警察や付近の自治会がルールを守らない写真屋の対策に乗り出してきた。

「橋の上からは潟側は車の往来で危ないよ」「歩行用の通路からにしなさい。歩行者が十分通れるスペースを空けて、また歩行者が近づいてきたら歩行の妨害にならないようにね」・・なんて優しい口調で注意を促していたらしいが、意に介さないカメランが増えたせい。

今朝も出掛けたが2人が潟側の欄干にもたれかかるように撮影し、1人は道路側へ足を投げ出すような姿勢で座り込んでいる。

堪らず「危ないから、こっちに来れば」と声を掛けたら、「三脚を立てなければいいんだよ」とか「ハイハイ、分かりましたよっ」と明らかに反論するような返答だ。

コレにはカチンときましたねぇ。手だけは出しませんでしたが。

お年をめした方々で人生経験豊富なはず。ものの道理は分かっているはず。情けなくなって、写欲もなくなり、途中で切り上げて帰ってきた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

天女はどこへ消えた? 

やって来たのは・・亀だった

関連記事

  1. 北風と春陽

    陽の光が気になり出してきた。日の出時刻はいつの間にか6時半前…

  2. ピロピロとマンサクの花

    午前中は台所で食器洗い、そして部屋の片付け、風呂の掃除。ここ…

  3. 雨雲がすだれて朱に染まる

    今朝の鳥屋野潟です。日の出が近づくにつれ、雲のエッジが際立っ…

  4. 秋風

     フィルム写真には“落とし穴”がある。その場で撮影状況を確認出来ない分だけ“…

  5. 薄化粧・鳥屋野潟

    RICOH・GRⅢ岸辺で鮒が動き出したツバメが湖面すれすれに滑空する…

  6. 鳥屋野潟は桃色潟

    夜明け前、東の空低くにポッカリ空間ができていて、その上に雲が鍋ぶたみたいに被…

  7. 街の音・鳥屋野潟

    空間を隙間無く埋め尽くす蝉の音の勢いがいきなり逸れた流れる風の向きが変わっ…

  8. 幸せの 黄色い ボンボン

    写真のお方はヤナギトラノオ。漢字で書くと『柳虎の尾』となるのだろうが、葉…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。