朝露トンボ

RVP100 Ai-Micro Nikkor 105f/2.8s NikonF3

サナエトンボ科の仲間だと思うが、正式な名前なんて分かりません。

一応、調べて見ましたが腹部に黒い線が何本とか、胸部がどうのこうのとか、そんな説明ばかりで、「名前を調べてみよう」という興味が薄らいでしまった。

「シオカラトンボよりちょっと大きくヤンマ似のトンボ」程度でいいだろう。そのうち何かの機会で判明するだろうから。

 阿賀野市 5月中旬撮影

久々のビール

そんなことより、久しぶりにビールを飲んだ。いつも発泡酒なのだが今日はビールだ。それもドイツ産ビール。それだけで「旨い」「幸せ」と感じる。

奥様は昨日今日と、市、県からの要約筆記の派遣要請、娘は県かるた協会の練習会。

私は単なるアッシー。

私はと言えば時間通りに西区の公民館へ出向いたり、中央区の福祉会館へ送り届けたり、それなりに重要な任務をこなしたつもりでいる。

家に帰れば、洗濯、炊事。午後は乾いた洗濯物を取り込んで、丁寧に畳む。布団も干したし、靴も洗ったし、風呂場もピカピカに磨いた。

その御褒美としてビールが振る舞われたというわけだ。

もっとも2時間ほどのデッドタイムを利用してシオカラトンボのにらめっこ写真を撮ってきたのだが。

ちょっとばかり撮影に出掛けましたが、ほぼ家事をやって思ったこと。

奥様はスーパーマン(ウーマン)じゃないの。

毎日のように仕事やって、メシ作って、洗濯して、買い物して。それでいて男性の平均寿命より2,3年長生きするんだから大したもんだと実感する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

トキワハゼ

アジアイトトンボの若娘

関連記事

  1. 待ち焦がれる陽の光

    もう少しで踏みつけそうになった。ヤゴの羽化を探していて水辺をゆっくり…

  2. サンカヨウ・新潟県阿賀町

    光と戯れるサンカヨウの花

    紛れもないサンカヨウ(山荷葉)です。この花と出会うと「山の中…

  3. 高貴なカキドオシ

    2016年4月下旬撮影漢字にすると『垣通し』。垣根を…

  4. 真綿色の帽子とセーター

    ACROS100Ⅱ Ai-Micro Nikkor 105f/4 Nikon…

  5. 秋の終わりにアキノキリンソウ

    紅葉を忘れ、剥がれ落ちた木々の葉が浮かぶ池の畔は全てが枯茶。…

  6. 額紫陽花

     額紫陽花はアジサイの中でも日本原産です。当てた漢字は趣がありますね。小さな…

  7. 灰桜の猩々袴

     “袴姿で赤い顔”がショウジョウバカマ(猩々袴)の語源というらしいが“赤い顔…

  8. ゴジラじゃなかった瀬波の恐竜

    ゴジラだと思っていたが、ゴジラじゃなかった。ながらく眺めていたつもりでい…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。