朝日と波紋

6日、日曜日、早朝の鳥屋野潟。ちょうど5時頃でしょうか。思えば日の出の時刻が4時台になっているのですね。

この日は高校生による『かるた競技会』が長岡で行われることになっていて、娘をその会場へ送り届けなければなりません。

それで、朝の早い時間だけちょっと撮影に出掛けたのでした。

ところで、今季の朝焼け撮影では今だ「あぁ~綺麗だ」と、見入ってしまうようなシーンに出会えていません。

天気を気にし、早起きして空を眺めてはいるのですが、どうしたのだろうか。

一度、霧が出た日がありましたが、出過ぎてしまって、真っ白なのですね。

「私だけなのかな」

一緒に撮影しているY氏に尋ねてみると、やはり同じような応えが返ってきました。

さて、陽が昇る直前まで『彩雲』が見られました。

ぶ厚い雲の真上に円盤型の雲があって、それが虹色に輝いていたのです。ハッキリではなくておぼろげに。それが薄く湖面に映り込んでいました。眺めていると徐々に色合いが濃くなっていくのです。

それを写真に撮りましたが、現像の仕上がりをチェックしたら、そうでもない。露出を多少アンダーにして強調したつもりなのですが、フィルムの発色が物足りない。

ウ~ン・・なにが原因なんだろう?

やがて、雲を抜けた太陽が顔を出した。それがこの写真になります。

機材をしまいかけていたところ、となりに居たY氏が「太陽・・三つに見えてきた・・」と。それで手持ちで撮影したのでありました。

RVP100 AI Micro-Nikkor 55 f/2.8s NikonF3   上沼橋から

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

たぶん『山際 藤子』のポートレート

知らず白む鳥屋野潟

関連記事

  1. 綿毛

    2015年4月26日(日)撮影 鳥屋野潟公園”流れ”の小径脇。岸辺の土手近く…

  2. Red and Black

    ~新潟市/鳥屋野潟の夜明け~ 写真は2014年の6月3日に撮影している。後に…

  3. コガネムシ

    2015年7月4日(土)撮影 夜明けとともに雨があがり、明るくなってきました…

  4. 朝焼けと爺さん

    じいさんは既に80過ぎ。自動車免許の更新を控えていて、「今回で駄目か…

  5. 木洩れ日とモゾモゾ

    頭上の木々の葉という葉、至る所にセミの抜け殻がぶら下がっている。1枚の葉に4…

  6. 雪崩れるビッグスワン

     起きたら白くなっている。出勤が大変と感じるよりも、なぜか嬉しい。たぶんすぐ…

  7. 薄化粧・鳥屋野潟

    RICOH・GRⅢ岸辺で鮒が動き出したツバメが湖面すれすれに滑空する…

  8. なびく水面、なびかない頭髪

    2015年9月24日(木)撮影 風があります。カメラのストラップが右から左へ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。