朝日と波紋

6日、日曜日、早朝の鳥屋野潟。ちょうど5時頃でしょうか。思えば日の出の時刻が4時台になっているのですね。

この日は高校生による『かるた競技会』が長岡で行われることになっていて、娘をその会場へ送り届けなければなりません。

それで、朝の早い時間だけちょっと撮影に出掛けたのでした。

ところで、今季の朝焼け撮影では今だ「あぁ~綺麗だ」と、見入ってしまうようなシーンに出会えていません。

天気を気にし、早起きして空を眺めてはいるのですが、どうしたのだろうか。

一度、霧が出た日がありましたが、出過ぎてしまって、真っ白なのですね。

「私だけなのかな」

一緒に撮影しているY氏に尋ねてみると、やはり同じような応えが返ってきました。

さて、陽が昇る直前まで『彩雲』が見られました。

ぶ厚い雲の真上に円盤型の雲があって、それが虹色に輝いていたのです。ハッキリではなくておぼろげに。それが薄く湖面に映り込んでいました。眺めていると徐々に色合いが濃くなっていくのです。

それを写真に撮りましたが、現像の仕上がりをチェックしたら、そうでもない。露出を多少アンダーにして強調したつもりなのですが、フィルムの発色が物足りない。

ウ~ン・・なにが原因なんだろう?

やがて、雲を抜けた太陽が顔を出した。それがこの写真になります。

機材をしまいかけていたところ、となりに居たY氏が「太陽・・三つに見えてきた・・」と。それで手持ちで撮影したのでありました。

RVP100 AI Micro-Nikkor 55 f/2.8s NikonF3   上沼橋から

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

たぶん『山際 藤子』のポートレート

知らず白む鳥屋野潟

関連記事

  1. 縦位置にしたら「男鹿半島」が見えたような

    8月3日の鳥屋野潟ですね。右側(南)からジワジワ攻め込んでく…

  2. 半ベソかく前の鳥屋野潟

    先月21日に掲載した『半ベソかいた鳥屋野潟』の数分前にリバーサルフィルム…

  3. コガネムシ

    2015年7月4日(土)撮影 夜明けとともに雨があがり、明るくなってきました…

  4. 湖上の白鳥

    寒波の襲来で15日早朝は鳥屋野潟が凍り付いていました。園内で雪面の陰影を撮…

  5. 雨雲の下層面ってこんな凸凹?

    8日、鳥屋野潟の夜明けですね。こちらはリバーサルフィルム。コ…

  6. 雪をかぶったサンシュユの実

    午後に鳥屋野潟公園と隣接したスポーツ公園長潟側に行く。大きな…

  7. 春三色

     鳥屋野公園トリムの森。GWと言っても、カレンダー通りに休みを貰える訳でなく…

  8. デジカメと親父的思考

    おったまげましたねぇ~写真の四隅が黒く沈んで見えますね。これはレンズの性…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。