カツラの若葉・頭に被るカツラと関連性があるのか、まだ調べていない


2015年4月19日(日)撮影

日の出撮影後、そのまま鳥屋野潟公園へ直行です。

カツラの若葉を撮影してみました。

初々しく萌黄色の輝く若葉のイメージを頭に描きながらかめ吉田んぼ脇の池の畔に行く。ちょうど朝日が差し込んでいて、若葉が輝いています。風もありません。

形が良くて背景がボワッととろけるような構図位置を探します。

三脚を伸ばしてみては、少し下げたり、右に左に行ったり来たり。

5,6枚がリズミカルに音符のように並んだ部分を切り取るぞ・・。

いっちょ前にテーマを決めたまでは良かったが現実は非情です。

まず、絶対にそんなのありません。よっぽどセット撮影でない限り。

「いいな」と思いファインダーを覗くとカツラの樹皮のゴワゴワ感が強烈だったり、枝が重なり合っていたりで、構図探しに疲れました。

結局は最初に目にした逆光位置からのカットで落ち着きました。

と言うか、諦めました。枝は思い切ってド~ンと真ん中に。

RVP100 105㍉ NikonF5 午前6時半頃

[ad#co-1]

  • follow us in feedly

鳥屋野潟の日出・上沼橋からの眺め・105㎜レンズで

新芽 何の木?・クヌギとかそんな類でしょ・なんで撮ったんだろ?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP

とみとみの新潟フォトブログをもっと見る

今すぐ購読し、続きを読んで、すべてのアーカイブにアクセスしましょう。

続きを読む