今季一番の冷え込み、氷紋を撮る

5時過ぎに福島潟に到着。車から出た瞬間「何、この寒さ!」

さっそく準備しましたが素手で三脚を触れません。

暗くもありペンライトで確認しないと視認できない。

最初は星空を撮影。

陽が昇り、明るくなって岸辺近くが凍っているのに気付きました。「氷紋」でしょうか。

さまざまな模様で、見ていて飽きません。

105マクロレンズを三脚に固定し光が差し込んでくる方へ向けてみました。

模様の陰影やらエッジの効いたカリカリ感がファインダー越しに。

絞りをF値11~16にしてピントの合う範囲を広くし露出はアンダー。

三脚やバッグに霜が付着するほどの冷え込みでした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ロウバイ

ロウバイ、再挑戦

関連記事

  1. 切ないタカアザミ

    タカアザミの花は頭を垂れて咲くのが当たり前なのですが、この時は「寒く…

  2. 冷たい朝

    RVP100 Ai-Nikkor 35f/2s NikonF3雪面から冷…

  3. ヒシ 拡がり始めた福島潟

    3日、福島潟は遊潟広場側の土手から。この時期、福島潟で湖面と日の出を…

  4. 閉ざす冬潟

    今日2月7日、ようやく外の空気を吸った。一週間ぶりである。先月末から急にお…

  5. 冷え込んだ夜明け

     首にタオル巻いてマスクして「防寒対策ヨシ!」。「来てちょーだい」。寒くてピ…

  6. 日の出前

    ~前回の撮影の続き~日の出が迫ってきて、顔が出るだろう山の端が一段と明るく…

  7. 白黒写真・一本の木

    富士フィルムがモノクロフィルムの製造中止を発表した。『NEOPAN100 …

  8. 充電中のツバメシジミ

    新潟市・福島潟 雲間から陽が射し始めると、ゆっくりと翅が開いていきます。逆に…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。