今季一番の冷え込み、氷紋を撮る

この記事は1分で読めます

 5時過ぎに福島潟に到着。車から出た瞬間「何、この寒さ!」
さっそく準備しましたが素手で三脚を触れません。
暗くもありペンライトで確認しないと視認できない。
 最初は星空を撮影。陽が昇り、明るくなって
岸辺近くが凍っているのに気付きました。「氷紋」でしょうか。
さまざまな模様で、見ていて飽きません。
 105マクロレンズを三脚に固定し光が差し込んでくる方へ向けてみました。
模様の陰影やらエッジの効いたカリカリ感がファインダー越しに。
 絞りをF値11~16にしてピントの合う範囲を広くし露出はアンダー。
三脚やバッグに霜が付着するほどの冷え込みでした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて

NikonF5にFUJIFILMのRVP100詰めて、「ホントはデジタルカメラも良いんだけど」、という素振り一つ見せずアナログ道を突き進んでいる。 身近な自然をテーマにしているが、これは裏を返せば遠くへ出掛ける経済的余裕が無い事を言っているのに等しい。 そんなヘンテコ親父の撮影日記です。

アーカイブ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。