ツツジ? それともサツキ?・・それが問題・・でもない

よくツツジは春、それも花が先に咲いて、葉はその後から、サツキは文字通り5月頃から咲きだして、しかも葉っぱが先で、花びらの先端が尖っていて・・なんて言われているが、こうも品種が沢山あると、そんな問題自体が陳腐に思えてくる。

種類はせいぜい2,3ほど覚えておいて、あとは「山の林にあったピンクなヤツ、いつも目にする色合いとはちょっと濃いヤツ」程度にとどめておかないと、花を愛でる前に花そのものの粗探しを始めてしまう。

RVP100 Ai-Micro Nikkor 105f/4s NikonF5

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

僕とタワーと女の子

首を傾げたスミレの花

関連記事

  1. カキドオシ

    RVP100 Ai-Micro Nikkor 105f/2.8s Nikon…

  2. 水中から地上そして空へ

    ヤゴの羽化に立ち会った。“誕生”という神聖な時間帯、トンボになって最…

  3. 金堂の五色幕

    ACROS100Ⅱ Ai-Nikkor 35f/2s NikonF3例祭…

  4. 雪舞う杉木立

    寺の境内に脚を踏み入れた途端、一陣の風が吹いて、枝葉にまとわりついた…

  5. 霜の苔 霜の葉

    どんな苔なのか判りませんが、この場所へやって来る度、気にはしていた。…

  6. ほんのりと赤ら顔の岩鏡

    撮影の実際山影が少しずつ消えてきて、このイワカガミにも陽があたり始め…

  7. ふたりなひとり

    撮影の心理眺めていて閃いた! 「一人なのに、二人、三人、四人に見える植物は…

  8. 明るい場所

    Kodak T-MAX400 Ai-Nikkor 180f/2.8s ED …

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。