ツツジ? それともサツキ?・・それが問題・・でもない

よくツツジは春、それも花が先に咲いて、葉はその後から、サツキは文字通り5月頃から咲きだして、しかも葉っぱが先で、花びらの先端が尖っていて・・なんて言われているが、こうも品種が沢山あると、そんな問題自体が陳腐に思えてくる。

種類はせいぜい2,3ほど覚えておいて、あとは「山の林にあったピンクなヤツ、いつも目にする色合いとはちょっと濃いヤツ」程度にとどめておかないと、花を愛でる前に花そのものの粗探しを始めてしまう。

RVP100 Ai-Micro Nikkor 105f/4s NikonF5

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

僕とタワーと女の子

首を傾げたスミレの花

関連記事

  1. カナブン/樹液を独り占め

    そして、コイツだけが残った。樹液に集まったカナブンは五匹いた。樹液の周りに…

  2. これで ♂と♀・・? / メスグロヒョウモン

    最初に見た時、ミドリヒョウモンの♂(左)とイチモンジチョウ♂、男同士しかも異…

  3. 夏虫色のカメムシ

    こちらを向いてくれるどころか、葉の裏側に回り込もうとする。それでも近づくと翅…

  4. カタクリ終い花

    ACROS100Ⅱ Ai-Micro Nikkor 105f/2.8s Ni…

  5. ヤマユリ

    阿賀町・たきがしら湿原半月ぶりに訪れた「たきがしら」はすっか…

  6. 切淵で哲学する雨蛙

    kodak t-max100 ai-micro nikkor 105f4 n…

  7. ショウジョウ花火

    ショウジョウバカマの春花火を打ち上げてみました。「夜空に花開く尺玉・・」を…

  8. 桜葉を抱いた菫

    RVP100 Ai-Micro Nikkor 105f/4 NikonF3 …

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。