ツツジ? それともサツキ?・・それが問題・・でもない

よくツツジは春、それも花が先に咲いて、葉はその後から、サツキは文字通り5月頃から咲きだして、しかも葉っぱが先で、花びらの先端が尖っていて・・なんて言われているが、こうも品種が沢山あると、そんな問題自体が陳腐に思えてくる。

種類はせいぜい2,3ほど覚えておいて、あとは「山の林にあったピンクなヤツ、いつも目にする色合いとはちょっと濃いヤツ」程度にとどめておかないと、花を愛でる前に花そのものの粗探しを始めてしまう。

RVP100 Ai-Micro Nikkor 105f/4s NikonF5

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

僕とタワーと女の子

首を傾げたスミレの花

関連記事

  1. 大きく剥がす・氷の板

    ACROS100Ⅱ Ai-Nikkor 35f/2s NikonF3道を…

  2. 生活圏・半径20㍍以内

    RICOH gr3ミニトマト収穫中の母座って、腕の伸ばせる範囲で熟し…

  3. 緑の中のベニシジミ

    16日の午前中、胎内市にある胎内昆虫の家に行ってきた。一般客410円の入場…

  4. カタクリ

    午後の柔らかな陽を浴びて、花びらが反り返ったカタクリ。カタクリは芽が出てか…

  5. 緑葉

    いつだったか、誰だったか、本の中だったか、そのあたりの出所は忘れたが…

  6. ハルジオンにヤブキリ?

    花は間違いなくハルジオンだ。花弁が細くごちゃついているし、蕾も下を向いている…

  7. 水中から地上そして空へ

    ヤゴの羽化に立ち会った。“誕生”という神聖な時間帯、トンボになって最…

  8. イソギンチャクな岩鏡

    撮影の実際陽の光を「待ってました!」と、嬉し楽しんでいるのはイワカガ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。