たんぽぽの綿毛

タンポポンの綿毛。

柔らかな光が欲しくて、曇り空のもとで撮ってみました。

背景に黄色い花をぼかして取り入れてみましたが、その姿や形から、朝方の撮影なんだろうと、察しがつくと思います。

毛根部分に焦点を合わせたのは私の願望でしょうか。

かつてはこんな風に髪の毛が地膚から飛び出していたんだろうなぁと。

いや、こんな考えは止めとこう。

(種子が)風に乗って新天地に飛び立つ姿と捉えよう。

RVP100 AI Micro-Nikkor105 f/2.8s NikonF3 27日早朝

春に愚痴る

4月29日、阿賀町のたきがしら湿原まで行ってきた。

この日は湿原へと通じるゲート開門日。でも開門時刻は8時半!

遅すぎなんじゃない。当然一番乗りは私。

ただ、近くの陽の当たる斜面でイカリソウやエンレイソウ、カタクリの残り花を撮ったり、眺めたりしているうちに時間はアッと言う間に過ぎていく。

湿原はというと・・

水芭蕉、黄色いポンポン玉の花、矢車草の若葉、山の斜面では植栽された終わりかけのシラネアオイ・・

カモシカ林道から登ってイワウチワを撮る目的だったが、案の定、任務未達!

足早に通り過ぎた春を目の当たりにしたのでありました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

まなざし

アケビの花

関連記事

  1. 汗の数だけ米になる

    「汗の数だけ米粒に成るんだ」・・夏場に撮影に立ち合った農家の方が何気に発した…

  2. 夏のヒシクイ

     飛べず仲間とはぐれたのか、それとも、あえて遠い北へ戻らず、此所で過ごすこと…

  3. チョウトンボ

    的を射た名前である。蝶みたいな蜻蛉だ。忙しくない程度に翅をヒ…

  4. 岩鏡・・はかない命かな

    2016年4月24日撮影 新発田市・滝沢 22日、小径脇で顔を覗かせていたの…

  5. ゴイシシジミ

    頭上の木々の葉という葉がソワソワしだすと、やがて一斉に騒ぎ出した。林…

  6. 熱田坂は夢の中

    俺のいた場所は・・あったざか・・あつたざか・・ねったざか・・なんだっけ?…

  7. 首を傾げたスミレの花

    自然界の創り出す色の世界には驚かされます。科学物質を調合して…

  8. ショウジョウ花火

    ショウジョウバカマの春花火を打ち上げてみました。「夜空に花開く尺玉・・」を…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。