蜘蛛の水玉

 霧が晴れません。長い時間、湿った大気に包まれていたため、
形あるものの表面は全て水滴が付着してました。
 霧の中の菜の花もいいな・・としゃがみ込むと水玉を集めた
蜘蛛の巣がすだれのように揺れては光り輝いています。
 あいにく、風が吹き始め、ピントの位置が定まりません。
少しだけでも、レンズの絞りを稼ぎ瑞々しい水玉をクッキリと
表現したかったが、ブレの軽減を優先しました。
 背景は菜の花です。緑色と黄色の配色も気にしたつもり。

 RVP100 105㍉ NikonF5 2015年4月12日福島潟にて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

猩々緋の猩々袴

葉陰のサギ

関連記事

  1. イトトンボのランデブー

     土手沿いを歩くたび足元からイトトンボが舞い上がる。大げさな表現でなく本当に…

  2. 抜け殻はエイリアン

    虫に詳しいKさん曰く「オオヤマトンボの抜け殻かもしれない」と。オ・オ・ヤ・マ…

  3. 水草覆う福島潟

    湖面の所々にコウホネの群落が出来上がってきました。その間を埋めるようにヒシ…

  4. 夜明けの幾何学

    ACROS100Ⅱ Ai-Micro Nikkor 55f/2.8s Nik…

  5. 霧潟

    ギョイ・・何かの暗号かと思っていたら漢字で“御意”と書くんだな。会社で女性…

  6. そのまま・・動くなよ~

    陽が射して暖まってくると、飛び交う蝶が、やたら目に付いた。少…

  7. 赤い実にトンボはとまってくれない

    この時期、福島潟の湖畔を散策すると目に留まる野イバラの赤い実。…

  8. 凍吹雪

    『いてふぶき』と読む。当時の状況を思い浮かべ、この造語が良いかなと。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。