藤色の夜明け

『藤色の夜明け』と題しましたが、辺りは少し暗く、くすんだ蒼が広がっていた。

数分前まで歩む先々の畦道をヘッドランプで照らしていたというのに夜明けの始まりは気づかないうちにやって来ます。

誰もいない岸辺に座り込んで、夜空に見えている星がいつ消えて見えなくなるのだろうなどと物思いに耽っているうちに「あれまぁ~」ってな感じで明るくなっている。

長時間露出で撮影してみました。

向こう岸近くに風がフッと吹いて湖面に風の道が浮かび上がってきた時にパシャリ。

その後、日の出直前、日の出後の光景をほぼ同じアングルで撮影したのでした。

RVP100(ReversalFilm) AI Micro-Nikkor 55 f/2.8s NikonF5  26日早朝

閑話休題

よく山清水を汲みに行くその場所で、見知らぬばあちゃんからバナナを貰った。

なんでバナナかは知らないが「ありがとね」と言って差し出してきた。

聞けば、「あんた、掃除してくれてるね」と。

水を汲みに行くたびに周りを掃除していたが、まさかバナナの贈り物があるとは。

ばあちゃんのメガネの奥の瞳を覗き込んだら泣きたくなるぐらい優しい瞳。

グッ・・ときてしまいました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

春色バカマ

水芭蕉

関連記事

  1. 切ないタカアザミ

    タカアザミの花は頭を垂れて咲くのが当たり前なのですが、この時は「寒く…

  2. 冷たい朝

    RVP100 Ai-Nikkor 35f/2s NikonF3雪面から冷…

  3. ヒシ 拡がり始めた福島潟

    3日、福島潟は遊潟広場側の土手から。この時期、福島潟で湖面と日の出を…

  4. 河氷に舟浮いて

    “沼氷(ぬまごおり)”や“潟氷”(かたごおり)という呼び名でもあるのかな、と…

  5. 嵐の予感

    低く垂れ込めた雨雲が足早に上空を通り過ぎていく。通り過ぎては…

  6. 晩秋の福島潟

    漁を終えた小舟が戻ってきたところを180ミリ望遠レンズで捉えてみまし…

  7. 白黒写真・一本の木

    富士フィルムがモノクロフィルムの製造中止を発表した。『NEOPAN100 …

  8. 発射台・カノコガ

    歩を進める一足ごとに地面や草むらから沸いてくる。沸いてはせいぜい膝頭…

コメント

  1. いい写真。いい話。グッときます。

    • あの木です。
      山清水・・月岡温泉近くのなんだっけあそこ?
      名前が思い出せない。池のそばのそこの話です。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。