春の色/一番

昔から、私の春一番は土筆でなくフキノトウに決まっている。コイツを見つけて摘まんでモミモミしたその指先を嗅ぐのが大好きだ。

冬の間、土の中で熟成された香りは濃厚で、その土地の土の臭いが薬味となる。

タバコを止めて数年経過した頃に嗅いだフキノトウの独特の苦みある香りは今でも忘れられない(喫煙で匂い神経が麻痺していたのだろうか)。

写真

湧き水を汲んだ序でに見つけた。

流れの落ち着く先には朽ち葉が幾重にもなり、行き場を失った清水はざらめ雪の底をなめまわし、土中へ潜り込んでいるみたい。

フキノトウは「もしかして雪を破って這い出たか」とその根元を手で触ってしまった(右側の下部)が、違った。

訪れたばかりの春をイメージしていたので、残り雪を画面の半分ほど入れて作画してみました。

RVP100 AI Micro-Nikkor105 f/2.8s NikonF5  旧笹神村にて  14日の撮影

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

泡沫の流れ b

空間と平面

関連記事

  1. 砂の惑星

    RICOH・GRⅢ石じゃなくて砂だね(コンクリートです)。寄せる波、…

  2. 落ち葉布団

    みなさんは“アンガーマネジメント”という言葉をご存じだろうか。…

  3. モゾモゾ

    蝉の幼虫。僕の生まれ育った新潟県下越旧中条町では、蝉の幼虫をモゾモゾ…

  4. raindrops

    オニユリ。ヤマユリの咲く時期はとっくに過ぎたが、替わって咲きだしたこ…

  5. 浜風・桃崎浜

    ACROS100Ⅱ Ai-Nikkor 24f/2.8s NikonF3…

  6. 春の三姉妹

     春先は一面のカタクリで文字通り足の踏み場もありませんが小川沿いではフキノト…

  7. 記憶の中の初恋ベンチ

    初恋ベンチはそのままの姿でそこにあった・・たしか、1分でいい…

  8. 青カナブンと“金カナブン”

    Facebookページ版で既に掲載済みですが、撮影の背景について問い合わせが…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。