春の色/一番

昔から、私の春一番は土筆でなくフキノトウに決まっている。コイツを見つけて摘まんでモミモミしたその指先を嗅ぐのが大好きだ。

冬の間、土の中で熟成された香りは濃厚で、その土地の土の臭いが薬味となる。

タバコを止めて数年経過した頃に嗅いだフキノトウの独特の苦みある香りは今でも忘れられない(喫煙で匂い神経が麻痺していたのだろうか)。

写真

湧き水を汲んだ序でに見つけた。

流れの落ち着く先には朽ち葉が幾重にもなり、行き場を失った清水はざらめ雪の底をなめまわし、土中へ潜り込んでいるみたい。

フキノトウは「もしかして雪を破って這い出たか」とその根元を手で触ってしまった(右側の下部)が、違った。

訪れたばかりの春をイメージしていたので、残り雪を画面の半分ほど入れて作画してみました。

RVP100 AI Micro-Nikkor105 f/2.8s NikonF5  旧笹神村にて  14日の撮影

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

泡沫の流れ b

空間と平面

関連記事

  1. 自転車乗り入れ禁止マーク

    100TMX Ai-Nikkor 35f/2s+Y2 NikonF36月…

  2. ひょうもんあざみ

    阿賀町:たきがしら湿原図鑑で『ミドリヒョウモンの♀』にたどり着いたが今ひと…

  3. ヤッホーと微笑むスミレと落ちた男

    RVP100 Ai-Micro Nikkor 105f/2.8s Nikon…

  4. ラッシュ

     今日9日は振り替え休日で早朝は福島潟へ行ってきた。予報では確実な晴れで、…

  5. 意地悪なジャノメチョウ

    こんな意地悪な蝶は見たことない。みんな、根性がねじ曲がっている。私が彼らの…

  6. 大きさ10円玉・ハッチョウトンボ

    日本最小のトンボ、ハッチョウトンボの♂。何処か…

  7. 世界地図・キタテハ翅裏夏物語り

    クヌギの樹液をチュウチュウしていたはずのコムラサキが目を離した隙に忽…

  8. ゴジラじゃなかった瀬波の恐竜

    ゴジラだと思っていたが、ゴジラじゃなかった。ながらく眺めていたつもりでい…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。