泡沫の流れ b

眠れない夜に書棚から野尻抱影の本を引っ張り出してツマミ読み。この人、英文学者でありながら星にとんでもない愛情を注いでいる。

本の中で東京の空が汚れて(今の杉並区のあたりかな)、星が見えにくくなってきたと心情を吐露する場面が出てくるんだけど、それが・・・

東京で暮らしたことのあるオイラは「そう言えば星見えたっけ?・・」と半ば同調するのだが、その随筆の脱稿日を見て驚いた。戦前の話だよ。1900年の初めの。

一寸待ってくれ。

と言うことは、昔はとんでもなく星が夜空にぶら下がっていたということ?

思えば南米のある民族の間では夜の輝く星々を愛でる以上に暗い暗黒の部分をものの形に喩えていた・・なんて聞いたことがあったなぁ~。

写真

鳥屋野潟の川面。

流れなのか風の仕業なのか判りませんがゆらゆら、たっぷんたっぷん。

おお、これは方丈記!

行く河の流れ・・・

よどみに浮かぶうたかたは・・・

いいじゃないのと調子こいて見つめていたら気持ち悪くなってきた。しなべキュウリみたいにヘナヘナとしなって、終には座り込んだのでありました。

RVP100 Ai-Nikkor 180 f/2.8s ED NikonF5  撮影日忘れた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ウリャ~

春の色/一番

関連記事

  1. モカ色な鳥屋野潟

    きのう掲載した写真の2,3分前、半分眠った状態で撮影しています。最近、会社…

  2. 山茶花・枯れ姿

    12日早朝、近くの公園で山茶花の枯れ姿を撮影してみました。カメラを持…

  3. 春の朝陽に目覚める欅

    RICOH・GRⅢ「春の朝陽」と書けば「照らされ」と続くけど、この場合は…

  4. 狐色の実

    振り向く人も、まして、足を止めて覗き込む人もなく、氷雨に濡れる狐色の…

  5. パジャマにカッパ姿で眺めた日の出

    RICOH GRⅢ文字どおりですわ。起きたままの格好では恥ずかしいし…

  6. 鳥屋野潟・水上花火

    梅雨の中休みに現れる朝焼けはかなりダイナミックと個人的には思っている。…

  7. きのこ一家

    2015年9月12日(土)撮影 『森のきのこ』撮影場所からわずか3,4㍍、三…

  8. 七月の朝がもうじき?

    今日は台風15号の影響で「朝、もしかすると焼けるかも」と思って鳥屋野…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。