泡沫の流れ b

眠れない夜に書棚から野尻抱影の本を引っ張り出してツマミ読み。この人、英文学者でありながら星にとんでもない愛情を注いでいる。

本の中で東京の空が汚れて(今の杉並区のあたりかな)、星が見えにくくなってきたと心情を吐露する場面が出てくるんだけど、それが・・・

東京で暮らしたことのあるオイラは「そう言えば星見えたっけ?・・」と半ば同調するのだが、その随筆の脱稿日を見て驚いた。戦前の話だよ。1900年の初めの。

一寸待ってくれ。

と言うことは、昔はとんでもなく星が夜空にぶら下がっていたということ?

思えば南米のある民族の間では夜の輝く星々を愛でる以上に暗い暗黒の部分をものの形に喩えていた・・なんて聞いたことがあったなぁ~。

写真

鳥屋野潟の川面。

流れなのか風の仕業なのか判りませんがゆらゆら、たっぷんたっぷん。

おお、これは方丈記!

行く河の流れ・・・

よどみに浮かぶうたかたは・・・

いいじゃないのと調子こいて見つめていたら気持ち悪くなってきた。しなべキュウリみたいにヘナヘナとしなって、終には座り込んだのでありました。

RVP100 Ai-Nikkor 180 f/2.8s ED NikonF5  撮影日忘れた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ウリャ~

春の色/一番

関連記事

  1. みなも輝く一本道

    新潟市・鳥屋野潟「みなも」と、読んで欲しいので「ひらがな表記…

  2. 冷たいカオス

    近づいてくるワンちゃんより先にこの氷溜まりを覗き込んだ。めぼ…

  3. 鳥屋野潟 6月

    2014年6月上旬撮影 あんなに上沼橋へ通ったのに、掲載した鳥屋野潟の朝焼け…

  4. 泡沫の“海岸線”

    岸辺近く水面に薄く張り付いた氷。波で水面が揺らいで白く輝いたり、消え…

  5. 湖上の白鳥

    寒波の襲来で15日早朝は鳥屋野潟が凍り付いていました。園内で雪面の陰影を撮…

  6. 寒波一休

    昨日の早朝の福島潟は晴れた。車の外気温が−6℃までは確認したが、明け方は更に…

  7. 綿雲から立ち上がった土筆に「お通し」を連想する

    3月24日、未明に雪が降った。雪は積もるも午前中には跡形もな…

  8. 蛸足絞り・鳥屋野潟

    RICOH・GRⅡ本日29日の鳥屋野潟。時刻は5時28分になります。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。