天の川・霜の華

爆弾低気圧がようやく通り過ぎた。

昨夜は家全体がミシミシと小刻みに揺れたり、突然、風がゴワ~とうなり声を上げたりして眠れなかった。

テレビの天気図を見たら等圧線の狭さにビックリだ。低気圧直下の北海道ではもっと危険な状況になっているのだろう。

この冬の厳しさは半端でない。

写真について

前日投稿した写真の約30分後の撮影で日の光が寒そうな蒼色から随分と暖かみを感じる白色に変化しています。

露出値の設定はマニュアルだが、あえて暖色系に発色させてやろうなんて考えてもいなかったし、見た目もこんな感じだったでしょうか。

強引にも、雪面の『雪割れ』や『霜の華』を夜空に浮かぶ『天の川』に見立ててパシャリしてみました。

RVP100 AI Micro-Nikkor105 f/2.8s NikonF5  福島潟 2月25日撮影

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

霜の華

オーバーホール

関連記事

  1. 目覚め・紋黄蝶

    黄色い蝶ならモンキチョウとキチョウで、福島潟では普通に目にすることが出来る。…

  2. 冬枯れの福島潟

    2015年12月20日(日)撮影 夜が白んで雪を抱いた二王子岳や五頭の山肌…

  3. 枯れトンボ

    2015年10月上旬 撮影10月に入ってからフィルムの消費が一気に伸び…

  4. 紅露草

     昨日と違って今朝の福島潟はそれなりに赤く染まってくれました。ギャラリーはオ…

  5. キアゲハ五齢幼虫

     キアゲハの幼虫、それもサナギになる前の最終の姿と聞いたが、どうなんだ?…

  6. 赤い実にトンボはとまってくれない

    この時期、福島潟の湖畔を散策すると目に留まる野イバラの赤い実。…

  7. 藤色の夜明け

    『藤色の夜明け』と題しましたが、辺りは少し暗く、くすんだ蒼が広がっていた。…

  8. イトトンボのランデブー

     土手沿いを歩くたび足元からイトトンボが舞い上がる。大げさな表現でなく本当に…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。