天の川・霜の華

爆弾低気圧がようやく通り過ぎた。

昨夜は家全体がミシミシと小刻みに揺れたり、突然、風がゴワ~とうなり声を上げたりして眠れなかった。

テレビの天気図を見たら等圧線の狭さにビックリだ。低気圧直下の北海道ではもっと危険な状況になっているのだろう。

この冬の厳しさは半端でない。

写真について

前日投稿した写真の約30分後の撮影で日の光が寒そうな蒼色から随分と暖かみを感じる白色に変化しています。

露出値の設定はマニュアルだが、あえて暖色系に発色させてやろうなんて考えてもいなかったし、見た目もこんな感じだったでしょうか。

強引にも、雪面の『雪割れ』や『霜の華』を夜空に浮かぶ『天の川』に見立ててパシャリしてみました。

RVP100 AI Micro-Nikkor105 f/2.8s NikonF5  福島潟 2月25日撮影

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

霜の華

オーバーホール

関連記事

  1. 朝陽差す

    日の出前、急激に気温が下がり、湖面には湯気。その湯気の向こう…

  2. 早朝の福島潟

    “作画”していない素の福島潟の朝焼け。5月21日に撮影してま…

  3. 発射台・カノコガ

    歩を進める一足ごとに地面や草むらから沸いてくる。沸いてはせいぜい膝頭…

  4. 足元の春・福島潟

    かすかながらも小鳥のさえずりを耳にし、穏やかな水面を眺めていると自分が目にし…

  5. 翅を一杯に広げるベニシジミ

    翅を一杯に広げて陽の光を集めているのはシジミチョウの仲間、『ベニシジミ』。…

  6. 黄金色の朝

    写真の実際写真は4月15日午前6時頃福島潟、遊潟広場側から撮影している。…

  7. キアゲハ五齢幼虫

     キアゲハの幼虫、それもサナギになる前の最終の姿と聞いたが、どうなんだ?…

  8. 1時間と5分

    レンズはマニュアル、露出値もマニュアル、記憶媒体はフィルム、トリミングもしな…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。