霧氷

霧氷を少し近づいて覗いてみた。植物はススキに見えるがホントは何だろう。

福島潟ではこの冬こんな霧氷が数回確認されている。この写真は3日の撮影。2日と10日も見られたらしい。

こんな年って、あったかなぁ~

もちろんあるには違わないが、週末カメラマンも恩恵に授かるようなタイミングで現れるなんて、あまりなかった気がします。

陽の光を背にして撮っている。

こちら側だと大気の透明感まで撮せるような気がした。

RVP100 AI Micro-Nikkor105 f/2.8s NikonF5  福島潟

オーバーホール

Nikonがマニュアルカメラとマニュアルレンズの期間限定の調整修理を受け付けたおかげでしょうか、往年のNikonマニュアル派がポツポツ動き出したらしい。

そのせいで街のNikon認定修理店も忙しくなったのだろうか。1月中旬、2回目のオーバーホールに出したF5と初回の35ミリ広角レンズの退院報告がまだない。

先日、新たにNikonF3を入院させた時にちょこっと聞いてみたら、

「ゴメンナサイね 遅れてて」

よかったぁ~、忘れてなくて。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

凍吹雪

30年ぶりの再会・NikonF3

関連記事

  1. 燃えない山の端

    既出の『藤色の夜明け』後、「山の端が燃えてくれぇ~」と願っていましたが、…

  2. ん?・・

    丈の低いタカアザミの花は上を向く。背丈が低いと言うことは、滴輝く大地…

  3. タカアザミの終い花と蝶

    Kodak T-MAX100 Ai-Micro Nikkor 105f/4 …

  4. 赤い実にトンボはとまってくれない

    この時期、福島潟の湖畔を散策すると目に留まる野イバラの赤い実。…

  5. 雪のない福島潟

    昨日12日、日の出前から此処に立ってました。暗闇の向こうから…

  6. 白む福島潟

    午前7時頃の突風はすんごかった。風の塊なんでしょうか、アレ初めて見ました。シ…

  7. 夜明けの岸辺

    闇の中で大地に蓋をするように漂っていたのは放射霧だった。その中を通って湖畔…

  8. 水玉とツバメシジミ

     ピントを合わせると蝶全体が朝露に濡れているし、葉っぱは表面張力を失った水玉…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。