霧氷

霧氷を少し近づいて覗いてみた。植物はススキに見えるがホントは何だろう。

福島潟ではこの冬こんな霧氷が数回確認されている。この写真は3日の撮影。2日と10日も見られたらしい。

こんな年って、あったかなぁ~

もちろんあるには違わないが、週末カメラマンも恩恵に授かるようなタイミングで現れるなんて、あまりなかった気がします。

陽の光を背にして撮っている。

こちら側だと大気の透明感まで撮せるような気がした。

RVP100 AI Micro-Nikkor105 f/2.8s NikonF5  福島潟

オーバーホール

Nikonがマニュアルカメラとマニュアルレンズの期間限定の調整修理を受け付けたおかげでしょうか、往年のNikonマニュアル派がポツポツ動き出したらしい。

そのせいで街のNikon認定修理店も忙しくなったのだろうか。1月中旬、2回目のオーバーホールに出したF5と初回の35ミリ広角レンズの退院報告がまだない。

先日、新たにNikonF3を入院させた時にちょこっと聞いてみたら、

「ゴメンナサイね 遅れてて」

よかったぁ~、忘れてなくて。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

凍吹雪

30年ぶりの再会・NikonF3

関連記事

  1. W杯/日本対ベルギー ハーフタイムの福島潟

    縞模様の曇がたなびいている。北から南へ、幾筋も。でも、頭の中はワールドカップ…

  2. 福島潟・夜明けの小舟

    Rollei Retro 80S Ai-Nikkor 24f2.8s Nik…

  3. 冬の暁

    気温−7℃まで下がった3日、夜明けの福島潟です。正面ゲートから歩いて…

  4. 霜そして陽の光

     平地でも早朝、霜が降りているのを見かけるようになった。撮影中、体が冷えてき…

  5. レモンイエロー

     陽が当たり始めて、雨露に濡れた草地が一気に輝きだして、目を開けようにも眩ん…

  6. 何気な畦道

    見かけておきながら、その脇をすり抜けていたアキアカネ。撮りたいという欲求がな…

  7. トンボのメガネは水玉メガネ・gr3x

    Ricoh gr3xhard BW 1/60sec f5 ISO200 +…

  8. 澄まし顔のベニちゃん

     リオ・オリンピックで体操内村が金メダルを獲得した。「E難度技」の連続で、目…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。