凍光

“凍光”には違わないが、一寸は温かさを感じたかな。でも湖面はキレキレにギンギン。

太陽が昇ったものの大地は凍てついたまま。

敢えて露出不足にして、少しばかり心象風景的にアレンジして撮ってみました。霧がまだ名頃惜しそうに湖面上をたむろしている様子が浮かび上がったかな。

この時点で岸辺に佇む人は私ぐらいで・・だから開放感からかな、ワ~ッとかウッヒャ~とかド~ンとか、奇声を発しながら撮っていたのでありました。

やっぱ、欲求不満・・ってことでしょうか。

NikonF3

カメラのミラーアップ操作のし易さから、中古のNikonF3を購入した。この点はNikonF5に比べはるかに良心的な作りになっている。

シリアルナンバーを確認したら194万台で比較的後期のタイプ。ボディーの隠れ側面に19VNと記されている。1999年1月の生産ということかな?

ただ、ちょっと使い込んだ風貌。一度フィルムを通してコマ間隔やら露出値やらをチェックした後に地元の修理店にオーバーホールに出すつもり。

メーカーのNikonでは現在、昔カメラ、昔レンズの可能な限りの機能回復修理を期間限定でやっている。F3を手に入れたのはそれと関係ないけどね。

RVP100 AI Micro-Nikkor105 f/4s Nikonf5  3日の撮影

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

冬の暁

冬木立

関連記事

  1. 赤い蓋・福島潟

    そこには赤い絵の具をたくさん水に溶かし、トロトロにした雲で蓋をされた福島潟が…

  2. 期日前投票の朝 

     本日代休。福島潟5時15分着。頭上にシリウスと双子座付近に、あれは惑星の木…

  3. 露の花

    泥海に倒れかからんとする朽ち葉の隙間で季節外れの蓮の花が開いた。蓮畑…

  4. 蒼い福島潟

     山際が白んで黒の世界が蒼のそれへと変化する時刻。午前4時。静寂な闇夜が明け…

  5. タカアザミは何処へ

    タカアザミは下向きに花を付けるが、コイツは地上高30㎝ほどを、上を向いて咲い…

  6. 桃色雲

     コウホネを覆い尽くす勢いで広がったヒシは弱まる気配がなく、湖面の向こう側へ…

  7. 染まれ~ もっと染まれ~!

    ふきのとうが顔を出し始める春先の夜明けは、山の端が茜色に染まります。…

  8. モンシロチョウ

    NHKの番組『全力失踪』に嵌まってしまった。設定が自分の過去とちょっこら似…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。