凍光

“凍光”には違わないが、一寸は温かさを感じたかな。でも湖面はキレキレにギンギン。

太陽が昇ったものの大地は凍てついたまま。

敢えて露出不足にして、少しばかり心象風景的にアレンジして撮ってみました。霧がまだ名頃惜しそうに湖面上をたむろしている様子が浮かび上がったかな。

この時点で岸辺に佇む人は私ぐらいで・・だから開放感からかな、ワ~ッとかウッヒャ~とかド~ンとか、奇声を発しながら撮っていたのでありました。

やっぱ、欲求不満・・ってことでしょうか。

NikonF3

カメラのミラーアップ操作のし易さから、中古のNikonF3を購入した。この点はNikonF5に比べはるかに良心的な作りになっている。

シリアルナンバーを確認したら194万台で比較的後期のタイプ。ボディーの隠れ側面に19VNと記されている。1999年1月の生産ということかな?

ただ、ちょっと使い込んだ風貌。一度フィルムを通してコマ間隔やら露出値やらをチェックした後に地元の修理店にオーバーホールに出すつもり。

メーカーのNikonでは現在、昔カメラ、昔レンズの可能な限りの機能回復修理を期間限定でやっている。F3を手に入れたのはそれと関係ないけどね。

RVP100 AI Micro-Nikkor105 f/4s Nikonf5  3日の撮影

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

冬の暁

冬木立

関連記事

  1. からまる

    朝露の瑞々しさよりもツルの力強さに魅せられた感じがします。「なにがな…

  2. 潟の細道

    およそ330年ほど前に、かの松尾芭蕉がこの潟を渡ったという。夏の夜明け、エ…

  3. 憂鬱な朝焼け

    なんてタイミングが悪いんだろう。それまで前兆さえなかった便意が、これまた予…

  4. 早く撮ってくれよ~

    「ちょっと危なくね~か~?」・・イナゴが話しかけてきた「相当…

  5. 白黒写真・一本の木

    富士フィルムがモノクロフィルムの製造中止を発表した。『NEOPAN100 …

  6. 日の出の船着き場

    この写真、12月4日日曜日に撮影した福島潟、船着き場の風景。午前7時頃の…

  7. 夜が割れていく

     夜が割れていく時間がやってきました。肉眼では捉えられないような星々の流れや…

  8. 才能あり!

    俺だったら何を描いただろうなぁ~ いずれにせよ上手い!12日、福島潟メイン…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。