凍光

“凍光”には違わないが、一寸は温かさを感じたかな。でも湖面はキレキレにギンギン。

太陽が昇ったものの大地は凍てついたまま。

敢えて露出不足にして、少しばかり心象風景的にアレンジして撮ってみました。霧がまだ名頃惜しそうに湖面上をたむろしている様子が浮かび上がったかな。

この時点で岸辺に佇む人は私ぐらいで・・だから開放感からかな、ワ~ッとかウッヒャ~とかド~ンとか、奇声を発しながら撮っていたのでありました。

やっぱ、欲求不満・・ってことでしょうか。

NikonF3

カメラのミラーアップ操作のし易さから、中古のNikonF3を購入した。この点はNikonF5に比べはるかに良心的な作りになっている。

シリアルナンバーを確認したら194万台で比較的後期のタイプ。ボディーの隠れ側面に19VNと記されている。1999年1月の生産ということかな?

ただ、ちょっと使い込んだ風貌。一度フィルムを通してコマ間隔やら露出値やらをチェックした後に地元の修理店にオーバーホールに出すつもり。

メーカーのNikonでは現在、昔カメラ、昔レンズの可能な限りの機能回復修理を期間限定でやっている。F3を手に入れたのはそれと関係ないけどね。

RVP100 AI Micro-Nikkor105 f/4s Nikonf5  3日の撮影

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

冬の暁

冬木立

関連記事

  1. 霞む二王子岳

    二王子岳を撮影した状況登山家の田中 陽希さんが番組「グレートトラバーズ2」…

  2. 春霞のハンノキ

    2015年5月2日(土)撮影 春霞の中、ハンノキの右隣に太陽が昇ってきました…

  3. 秋雨と紋白蝶

    知らぬ間に夜が明けて、気づけば目にするあらゆるものに色が乗っている。…

  4. 草葉の陰

     撮影日が確か9月22日祝日だったと記憶する。福島潟で凡庸な朝焼けを撮影後、…

  5. 空間と平面

    蓮畑の幾何学模様。風雪で折れ曲がり、朽ちた蓮の茎が思わぬ線画となって…

  6. 夜明け待つ秋茜

    トンボ・・って縁起担ぎの虫であること知ってました?「前にしか進まない…

  7. 凍える朝

     前述の掲載写真に続き、レンズを替えてパシャリ。持っているレンズは単焦点のマ…

  8. タカアザミの花芽の下で

    タカアザミの花芽を毛布代わりに一夜を過ごしたモンシロチョウ。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。